オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
2017.8.9オゴクダ採集(台風5号)
昨日のこのブログへのアクセスは、いつもに比べ多いなと思ったのは、台風通過後のオゴクダの様子が気になっている人が見ているのでしょうね。
コメントも入れてくれた方がいたので、ご期待に答えて行ってきました。

IMG_2500.jpg
IMG_2501.jpg

浜の画像にリュックが写っているように、すでに2名の方が来ていました。
台風後の荒れた浜なら、打ち上げられた物の匂いで磯臭いのですが、全く匂いません。
台風による影響はほとんどなかったと言えそうです。
ただ、打ち上げ帯がいつもの所より5m程度上になっていたので、普段よりは波が高かったようです。
先客の方に軽く挨拶をして、めぼしい所を見て行きます。

IMG_2502.jpg
久しぶりのジュズダマダカラ、でも擦れて一部小さな穴が開いています。

IMG_2503.jpg
これも久しぶりのソナレイモ、黄色いタイプは少ない色合いです。

ここから画像に撮るのは全く出なくなり、ひたすら掘り返して出てきたのが、
IMG_2504.jpg
オゴクダでは3個体目となるソメワケヤタテです。
でも、色合いは良いものの、水管付近は大きく摩耗しています。

約2時間半の成果です。
IMG_2507.jpg

今日良かった物。
IMG_2505.jpg

今日の生貝。
IMG_2506.jpg

新しい物はほとんど見られませんでした。
採集できたものも、古い貝が波で掘り起こされた物のようです。
これから採集を計画している方は、その点を考慮して来てください。

途中親子連れの方が降りて来て、帰る道でも一人お会いしました。
本日の午前中は、私を含めて6名の出勤でした。


スポンサーサイト
オフ会二日目
日帰りの@メダカラさんを除く、5名で朝ホテルのロビーに集合です。
今日午前中で帰る2名と、残る3名で行き先を話し合いましたが、それぞれの都合もあって、自由に採集することとなりました。
夕方に再びロビーで会うこととし、来年の参加を約束しつつ別れました。

私はPika1さんと、打ち上げ組で、他の場所があまり芳しくないため、前日に続きオゴクダ採集です。
IMG_2362.jpg
IMG_2363.jpg

朝からは満潮で、前日にかなり見ていたため、古い堆積物の掘り返しです。
流石にあまり成果は出てきませんが、

綺麗なシロオビコダマウサギや
IMG_2364.jpg

IMG_2365.jpg
今回の採集で一番良かった、イバラヒナレイシ

でも、この後が続きません。
昼まで粘りましたが、画像を写す物は出てきません。
流石に、需要だけで供給のバランスが採れていないようです。

昼はいつもの、レストランで済ませ、午後からはあまり行かない河口域から汽水域の調査です。
Pika1さんは、採集した事のない貝が採れたようで、楽しんでいました。
私はと言うと、見たことのないカキ類が見つかり、それなりに良かった調査となりました。
IMG_2366.jpg

夕方ホテルに集合したのは、
はるさ~さん、Pika1さん、そして私の3名。
流石にこの3名では、いつもの懇親会場は広すぎるため、今回は珍しいメニューがある居酒屋での開催となりました。

IMG_2367.jpg
マグロの胃袋、地元では『シビノワタ』と呼ばれて、珍重されている食べ物です。
生姜醤油で頂きます。

IMG_2369.jpg
ダイナマイトロール、ややピリ辛のおいしい巻き物です。

IMG_2368.jpg
定番の小エビのフライ、甘エビだそうです。

3人だと、話は弾み、美味しい料理と共に時間が過ぎて行きます。
明日は、それぞれが遠い移動となるため、早朝からの出発で、この懇親会が最後となりました。
来年の参加を約束して、お開きとなりました。

今回の採集品は、あまりいい成果が得られていませんが、紹介しておきます。

一日目の成果
IMG_2371.jpg

良かった物。
IMG_2370.jpg

二日目の成果
IMG_2373.jpg

良かった物。
IMG_2372.jpg

これもマメ?
IMG_2374.jpg


平成29年オフ会
日程の都合が合わない方が多かったせいか、今年のオフ会は参加が少なかったですね。
でも、例年のように荒波があるのが普通の南紀オフ会が、数日前から全くの凪状態。
こんな条件は今までほとんど経験がありません。

一日目、集合場所に集まったのが数日前から串本の海をくまなく探索している西の猛者、はるさ~さん。
いつもオフ会の話題を独占してる『あのお方』、そして私の3名。
少ないですねぇ~。

いつものように、最初はオゴクダから

IMG_2349.jpg
IMG_2350.jpg

まだ満潮ですが、波は穏やかです。
打ち上げは私だけなので、すぐに見始めましたが、ほとんど何も見つかりません。
ほどなく、@メダカラさんが降りてきて4名となりました。

ここから昼まで打ち上げ組には暑さのこたえる採集となりました。
水中探査組は透明度も良く、気持ち良さそうです。

IMG_2353.jpg

打ち上げで唯一これはと言うのは、
IMG_2351.jpg
イボカバイモの幼貝くらいです。

水中組は、
IMG_2352.jpg
綺麗なシロクチキナレイシが良いですねぇ。

もう一人のウエットに大きな胸のふくらみがあって、大事にいれていた貝が今回の驚きの逸品でした。
画像はありません。
その方のブログで確認してください。

昼に浜から揚がって、いつものここしかないレストラン改め浪速の演歌風レストランで昼食です。
リニューアルしてから10日ほどなので、順番待ちが出来ています。
来年のオフ会ではスムーズにはいれると思います。

浜から揚がった所から、このレストランの中まであのお方のハナマル攻撃が続いています。
いったい今日は何度見ることになるのかという話しが出ています。

昼食後は、激坂ポイントに移動、ここでも同じく波は穏やかです。

IMG_2357.jpg

台風3号の影響も全くなくて、打ち上げ組には暑さだけの場所です。
ここで、五人目のPika1さん合流。

ここでも水中組の成果が素晴らしかったです。

ホテルで潮を落としさっぱりした所で、virolさんが合流し、本日のメンバーがそろいました。
いつものスーパーで買いだしをして、宴会場に向かいます。

IMG_2358.jpg

宴会スタートから、全くのノンストップで、貝談が続きます。
今年はタカラガイ組の参加がなかったので、あのお方のゾイラ籠も出てきません。
ややさびしい感じですが、お約束のライトは出てきました。

脱法ライト
IMG_2360.jpg

このライト、使うと法に触れるんですよねぇ(本人談)
それじゃ、いったいいつ使うんでしょう。
手に持つとずっしりと重く、屋外での使用には腕力の強い人でないと長時間は難しいと感じました。
毎回新しくなってきているんですが、もしかしたらこれはコレクション?

このライトが出てくればそろそろ宴会も終了です。
一同明日のために、宴会は打ち上げとなりました。


[READ MORE...]
2017.6.12オゴクダ採集
前回行ってから約1月になります。
様子を見に出かけましたが、土日後の月曜、それもお昼前からと条件は最悪です。
まさか誰もいないと思って浜に下りると、先客が1名。
それも見終わって帰る所でした。
全く戦意は喪失です。(T_T)

IMG_2192.jpg

IMG_2193.jpg

いつものように軽く挨拶を交わして浜を見ると、以前よりもさらに貝が少ない印象を受けます。
ほとんど石ばかりです。

いつも見る所も、新しい貝はほとんどなく、古い貝の掘り返しです。
久しぶりに見つけたのが、
IMG_2194.jpg
ハブタエモロハボラ、古い近海産でもこの名前でしたが、近海産第二版でモロハボラの画像が載せられて、名前が確定した貝です。

現地で画像を写したのがこれだけ、ほとんどその後はお馴染の貝ばかりでした。
約2時間の成果です。

二時間見てこれだけ。
IMG_2214.jpg
良いのはハブタエモロハボラとサクラコダマウサギくらいです。

二枚貝組。
IMG_2215.jpg
ホソスジヒメツキガイ、シワサメザラ。

更に厳しくなっています。
今年の夏はどうなる事か…
モグラノテ
種類の更新は久しぶりです。
前回の採集で見つけましたが、他では珍しい貝ではないので、未採集とは思っていませんでした。
殻は平たく、放射状に肋が出ますが、所々で分岐します。
サンドポンプや養浜の砂などから良く見つかります。

モグラノテ
Spiniplicatula muricata Sowerby 1873
ネズミノテガイ科 モグラノテ
串本町潮岬オゴクダ浜産 死殻個体 12.2㎜ 2017年採集



ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム