FC2ブログ
オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
2019.8.20オゴクダ採集
台風10号は、四国西部を通過して日本海に抜けましたが、遠く離れた紀伊半島にも影響はありました。
風が思ったよりも強く、最初はこちらに来ているんじゃないかと思うほどでしたが、途中からは弱まりました。
波の方は、大荒れの様子がテレビなどで取り上げられていたため、時間は経過しましたが、様子見で行ってきました。
干潮に合わせ、浜に降りたのが11時過ぎ。
IMG_5956.jpg
IMG_5957.jpg

遅い時間にもかかわらず先客は一人、すでに見終えたようで、休んでいました。
波の影響で、生きた貝がないかと磯に直行しましたが、まったく生きた物はいなくて、波の影響は小さかったのだなと感じました。
まだ手を付けてなさそうな打ち上げ帯からゆっくり見ていきます。
最初に見つけたのが、
IMG_5958.jpg
久しぶりのナンヨウフデシャジク、大きい個体できれいです。

IMG_5959.jpg
ここではほとんど採集がされていないシリオレホラダマシ、口もできたいい個体です。

続いて、
IMG_5960.jpg
ここの名物のようなソナレイモ、状態はまずまずです。

IMG_5961.jpg
見慣れない色合いだなと思いながら見つけたのが、ホンサバダカラ。
大きくて色も打ち上げとしては最高の状態でしたが、ピンホールが1か所、それでも十分です。

そろそろ終了かなと思っていると、
IMG_5963.jpg
この形は?と考えながら見つけたのが黄色いナツメイモ、小さいですかがこの色は初めてです。

最後に磯の方に出たときにこの貝を見つけました。
IMG_5962.jpg


暑さで気力が続かず約2時間半で終了しました。
新鮮なものは少なく、台風の波の影響も少なかったようですが、そこそこ楽しめました。

本日の収穫(大きい方の貝)
IMG_5968.jpg

本日の収穫(小さい方の貝)
IMG_5969.jpg

今日のフデガイ、ミノムシ組
IMG_5965.jpg
大き目のオニノキバフデ、模様のおかしいチリメンイモフデ、チャスジツクシ、トウマキフデ(割れ)

今日のタカラガイ、ウミウサギ組
IMG_5964.jpg
ヒナメダカラ、模様のおかしいツマムラサキメダカラ、ホンサバダカラ、テンロクケボリ(4個)、ハナヤマケボリ。

今日のイモガイ組
IMG_5966.jpg
ソナレイモ(2個)、ナツメイモ、ミカドミナシ、バラフイモ(最近このくらいの個体が多い)

今日の良かった貝(その他)
IMG_5967.jpg
オカモトムシロ(2個)、ウスベニサンゴヤドリ、マメサンゴヤドリ、コゲイロホラダマシ、シリオレホラダマシ、ナンヨウフデシャジク、イトカケボラ(割れ)、ハナヤカフタナシシャジク。

平日だったためか、この後浜に来た人はいなく、本日午前中は2名の出勤でした。



スポンサーサイト
2019.7.13オゴクダ採集(オフ会)
毎年この時期に行われるオフ会の記事です。
今年は梅雨入りが遅く、その分梅雨明けも遅くなりそうで、本来なら梅雨明けごろの予定が、25日ごろにずれるという発表です。
幸い台風の発生はないようで、それはいい方向ですが、毎日雨の予報でどうなるのか心配でした。
初日の13日は、午前中から曇り空で、時折晴れ間ものぞくといった予想外の天気で、霧雨がたまに降り涼しい一日となりました。
干潮に合わせ私を含む打ち上げ組2名が浜に降り立つと、誰もいないことに驚きました。

IMG_5844.jpg

IMG_5845.jpg

三連休の初日ということで、誰か来ていると思いましたが、天候が悪いことを予想して来なかったのかなと思います。

まだ誰も見ていない浜をさっそく探索開始です。
最初に出てきたのが、
IMG_5846.jpg

最近は少なくなったクロシオダカラ。
ジュズダマダカラは、コンスタントにみられるのですが、クロシオダカラはそう見つかりません。
ところが今日は3個も確認できて、毎回浜は違うなと思いました。
次に、
IMG_5847.jpg
バラフイモ、個々の個体は小さなものが多く、たまに見つかる貝でしたが、このすぐそばにもう1個、通算で3個確認できました。
こんな日は初めてです。

今日は、時間はたっぷりあって、浜での昼食もあるので、時間を気にしないで採集できます。
目につくものをそのまま入れていくと結構採集できました。
午後2時過ぎまでは、霧雨程度の雨でしたが、その後本降りになってきたので、3時前に撤収しました。
他のオフ会メンバーで、水温が低いためシュノーケリング組の2名が一時間後打ち上げに合流し、メンバー以外の3名と合わせ、この日はオゴクダ浜に8名が採集に来られました。

本日の収穫(大きい方の貝)
IMG_5870.jpg

本日の収穫(小さい方の貝①)
IMG_5871.jpg

本日の収穫(小さい方の貝②)
IMG_5872.jpg

今日のタカラガイ、ウミウサギ組
IMG_5868.jpg
サバダカラ(口欠け)、ホンサバダカラ、カバホシダカラ、クロシオダカラ3個、テンロクケボリ2個、シロビコダマウサギ、キヌヅツミ。

今日のイモガイ、フデガイ組
IMG_5867.jpg
バラフイモ3個、C.tenuistriatus、ベコウフデ、オトメフデ、マユフデ、ニクイロフデ、オレンジオトメ、ハナオトメフデ。

他に良かった貝
IMG_5869.jpg
オダヤマトゲレイシダマシ、バライロヨウラク2個、コゲイロホラダマシ3個、オリイレヨフバイ科sp

堆積はまあまあの量で、掘れば何かが出てくる感じです。





2019.6.16オゴクダ採集
今回も久しぶりの採集です。
前日が強風で、少し収まるかなと思って出かけましたが、浜は海からの風がもろに吹いていて、波しぶきが飛んできます。
コンデションは最悪です。
IMG_5743.jpg


IMG_5744.jpg

朝早くからの出動でしたが、浜にはこの状態のも関わらず先客が一名いました。
まだ潮が引いていなくて、波打ち際も押し寄せる波で近寄れません。
仕方がないので、上の方の打ち上げ帯から見ていきます。

早速見つかったのは、まったくコロンという状態で、
IMG_5745.jpg
ここでしか打ち上げが見られないナツメイモ、大きい方なので胎殻は飛んでいます。

他にはあまりめぼしいものは見つからず、小さい貝もこの状態では期待できそうもありません。
少し潮が引き始め、打ち上げ帯に近いところに移動したところ、

IMG_5746.jpg
このシルエットと色合いは、まぎれもなくキンランイモ。
しかも大型で色は申し分ありません。
オゴクダでも過去最高の個体です。

ここから少しいいものが採れだして、
IMG_5747.jpg
ジュズダマダカラや

IMG_5748.jpg
状態のいいベッコウフデ

予想外にいいものが採れました。

本日の収穫(小さい方の貝)
IMG_5756.jpg

本日の収穫(大きい方の貝)
IMG_5755.jpg

今日良かった貝
IMG_5754.jpg
ナツメイモ、キンランイモ、ベッコウフデ、セコバイsp、ショウジョウラ、ジュズダマダカラ2、イトカケボラ、ヒモカケシリキレボラ、オトメ類3個、チヂミバショウ

波が収まればもう少し楽しめそうですが、どうなるかはわかりません。
この日の午前中は、私の後に常連の方と、一人で来られた方、ペアで来られた方の合計6名の出勤でした。


ダイアナナデシコ
Mozuさんからの画像です。
ニシキオウギが採れているのに、この貝が採れないはずはありません。
もう沖縄で採れる貝は、オゴクダで採れることは確実となりました。
他の方も採集できているかもしれませんね。

fulvicosta1[1]
Chlamys dianae Crandall 1979
イタヤガイ科 ダイアナナデシコ 
串本町潮岬オゴクダ浜 打ち上げ個体 35.0㎜ 2003年採集

ニシキオウギ
アキオさんからの画像です。
この貝も取れたのかという感じですが、最近の状況を見ると不思議ではないのかもしれません。
特徴の黒褐色斑もきれいに出たいい貝です。

ニシキオウギ
Semipallium tigris Lamarck 1819
イタヤガイ科 ニシキオウギ
串本町潮岬オゴクダ浜 死殻個体 34.1㎜ 2019年採集


テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用



ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム