オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
記事の変更2
日本近海産貝類図鑑第二版が出版されてから、このブログの中に新しく和名が追加された物や、学名の追加された物、和名の変更のあったものなど、訂正する箇所が出来ましたので、それぞれ訂正しています。
日本近海産貝類図鑑第二版の説明には、種の統合などの事は書かれていないので、今回の訂正は単純なものだけにしています。
後日、また追加して行きたいと思っています。

今回の訂正
2012年11月26日の記事 ハナオトメはホソミヨリオトメと2種画像にはありましたので、ハナオトメだけの画像に訂正。
2012年12月10日の記事 カバスジツクシはチャスジツクシと2種画像にはありましたので、カバスジツクシだけの画像に訂正。
2012年12月16日の記事 和名フタオビオトメを追加。
2012年12月17日の記事 和名オレンジオトメを追加、学名も違っていましたが、まだ疑問なので、そのままにしています。
2012年12月24日の記事 和名コスマンツクシを追加。
2013年 4月 8日の記事 和名ダンフデを追加。
2013年 4月23日の記事 和名マダラノミフデを追加、学名も変更。
2013年 4月29日の記事 和名ヌリツヤオトメフデを追加。
2013年 5月 1日の記事 和名ノダオトメフデを追加。
2013年 6月28日の記事 和名ツマグロヒナレイシを追加。
2013年 7月28日の記事 和名イチマツレイシダマシを追加。
2013年10月 6日の記事 和名ユキフリシラゲガイを追加。
2013年11月23日の記事 和名スジボリヒメムシロを追加。
2014年 5月15日の記事 和名イロワケクロズケに変更。
2014年12月10日の記事 和名フトイビツカニモリに変更。
2015年 2月15日の記事 和名カガリビシズクニナを追加。

スポンサーサイト
コガラスマクラ
久しぶりの追加です。
前回の採集で見つけました。
通常は、潮間帯の磯の隙間等にいる貝なので、じっくり探せば見つかるのかもしれませんが、まだ見つけていませんでした。
殻は薄質でよく膨らみます。
殻頂が前方に寄っていて、箱型の形をしています。

コガラスマクラ
Fulgida oyamai Habe 1981
イガイ科 コガラスマクラ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 12.2㎜ 2017年採集

日本近海産貝類図鑑第二版
遅れましたが、やっと昨日届きました。
内容をざっと確認してみましたが、確かに二冊になったので、持ちやすいです。
ただ、写真と解説の照合に少し不便さが出ます。
写真は、バックが黒になる所など、見やすくなっています。
以前の訂正個所も、直されていますが、たまに気になる所もあります。
詳細に見て行くと又出てくるでしょうね。

追加の種類が500種と言う事で、それが一番の気になる所ですが、深海産の追加は普通のコレクターには関係ない所で、ふ~んこの貝か、程度の感想ですが、このブログで紹介している学名だけの貝に和名が付いているのが結構あります。
フトコロガイ科やミノムシガイ科等は、記事の追加がかなりありそうです。

個人的に今まで調べても解らなかった物も揚げられている物があって、ラベルの書き込めそうなものが結構あります。
そう言う意味では必要な図鑑だと思います。

IMG_1422.jpg
この仲間にも追加で小さい種類が増えています。

2017.2.3オゴクダ採集
ブログを始めて以来、最長の期間が空きました。
昨年の10月30日から約3ヶ月半、行かなかったことになります。
やはり行ってもあの状態じゃなぁ~、と言う気持ちもあって、なかなか足が向かなかったですね。
今年の夜間採集では、タカラガイが好調で、少し期待が持てそうなのと、この前の記事にあったアキオさんの採集したコウホネが気になって出かけることにしました。
浜に着いて見ると、

IMG_1370.jpg

IMG_1371.jpg

以前来た時とそう変わらない様子です。
幸い誰も来ていないようで、波打ち際はまだ足跡がありません。

IMG_1373.jpg
堆積している所はこんな感じ。

この辺から見て行くと、最初に見つけたのが、
IMG_1374.jpg
これはマメ? とりあえずこれもキープします。

最初に見つけたのが、
IMG_1375.jpg
セロガタケボリ、やや古い貝のようです。

次に
IMG_1376.jpg
新鮮なハナヤカケボリですが、穴が開いています。
ウミウサギが好調です。

次に
IMG_1377.jpg
マユフデこれも久しぶりです。

それから一通り見ましたが、新しく揚がった物は少なく、古い物が多く感じました。
約2時間浜にいましたが、風が強く寒かったので、撤収しました。
条件が悪いせいもあるのか、誰も来ませんでした。

本日の収穫
IMG_1401.jpg

今日のタカラガイ、ウミウサギ組。
IMG_1397.jpg
クロシオダカラ2、ジュズダマダカラ、サメダカラ(表面がつるっとしている型)、セロガタケボリ、テンロクケボリ2、ムギツブダカラ、ハナヤカケボリ。

今日の二枚貝組。
IMG_1400.jpg
ヒナクチベニ2、コガラスマクラ(初)、オオタカノハ近似種。

今日良かった組。
IMG_1399.jpg
ナツメイモ、ベニシボリ、チャイロブドウ、マユフデ、バライロヨウラク、フリージアガイ、コンペイトイナワメグルマ、アシヤエビス、ソメワケオリイレボラ、クダマキsp。

状態が悪いながらも楽しめる成果でした。
また、波があるようだったら行こうと思っています。




Meiocardia nishimurai
久しぶりの更新になりました。
アキオさんからの画像です。
良く似たカノコシボリコウホネは、半片でたまに見かけるのですが、この貝は初めてです。
まさか採れるとは思っていませんでした。
新たな目標が出来ました。
カノコシボリコウホネよりも、横に短く太い肋はあまり角ばらずむしろ丸みを感じます。
斑点状の模様も、成長肋に合わせたような出方です。
カノコシボリコウホネの異名とする考えもあるようですが、これだけの特徴があるので、私は別種と思っています。

Meiocardia nishimurai
Meiocardia nishimurai Kosuge & Kase 1994
コウボネガイ科 和名無し
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 10.5㎜ 2017年採集

これで1314種類となりました。


ぷろふぃーる

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム