オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
マキモノシャジク
種類の更新は久しぶりです。
過去の採集物の中から見つけました。
本来砂地に生息する種類なので、オゴクダで採集されることは偶然の産物かもしれません。
殻には顕著な螺肋があります。

マキモノシャジク
Tomopleura nivea Philippi 1851
クダマキガイ科 マキモノシャジク
串本町潮岬オゴクダ浜産 死殻個体 23.7㎜ 1978年採集

スポンサーサイト
2018.1.5オゴクダ採集(初採集)
今年最初の採集です。
遠くから、ほんとに遠くからの貝の友達に同行しての採集です。
波はあまり影響はなさそうですが、寒い日が続いた影響が少しは出ているかもしれません。

浜に降り立つと、誰も来ていなくて、波打ち際より上にはかき回した跡がたくさん見られます。
年末からかなりの人が来ているようです。

IMG_3476.jpg

IMG_3477.jpg

少し沖からの風があって、寒さが応えます。
それでも波打ち際から頑張って探し始めます。

今年最初の貝は、
IMG_3478.jpg
驚きのオゴクダ初採集、やや小さいですがフデガイです。
御前崎辺りでは打ち上げで得られるようですが、私自身も打ち上げでの採集は初めてです。
少し深いところにいる貝だと思いますが、それもFDで、もしかしたら軟体が残っているかもしれません。

しばらくこの貝の余韻に浸りながら採集していくと、
IMG_3479.jpg
見慣れない色合いですが、頭の中に期待と興奮があって、しっかり見てから驚き声を上げました。
ビカリヤさんからの画像を見て、いつかはと思って探していた貝、テツヤタテです。
小さい個体ですが、特徴はしっかり出ています。

同行の世話もあって、浜での画像はこれだけでしたが、ほかにも面白いものがありました。

お昼を挟んで採集したので、今日の採集時間は約5時間半です。

本日の採集(大きい方の貝)
IMG_3485.jpg

本日の採集(小さい方の貝)
IMG_3486.jpg

本日のタカラガイ、ウミウサギ組。
IMG_3483.jpg
ツマムラサキメダカラFD,セロガタケボリ、ムギツブダカラ(割れ)、クロシオダカラ

本日の二枚貝。
IMG_3484.jpg
ヒメイナミガイがたくさんあったので、色変わりを楽しむために採ってきました。
ヒナクチベニ、イシガキモドキ。

今日良かった貝
IMG_3482.jpg
バライロアラボリクチキレツブ、コマガタナワメグルマ、フデガイ、テツヤタテ、ニシキシャジク(軟体が腐っていたのですが、蓋はありませんでした。

今年初採集としては、十分な成果でした。
これから冷え込みが続けば、楽しみです。

途中降りてきたのは、一人で来られた方が2名と、家族連れの5名で、こちらの3名と合わせ、本日の浜は10名と盛況でした。



[READ MORE...]
新年
あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。
新しい種類が増えず、採集に行った時のみの更新ですが、オゴクダの近況をお伝えしていきます。

チャワンガキ
Neopycnodonte setoensis Habe 1958
ベッコウガキ科 チャワンガキ(茶ワン牡蠣)
串本町上浦転石裏面 生貝個体 22.7㎜ 2017年採集


2017.12.2オゴクダ採集
前回の採集から約一月がたちました。
あまり波が立っている様子はなかったのですが、様子見ということで行ってきました。


IMG_3325.jpg

IMG_3326.jpg

早くに行ったのですが、すでに先客がいました。
いつも会う方で、ここの常連の一人です。
あまりよくないという会話をして、探し始めました。

ほどなく、
IMG_3327.jpg
ベニアラレボラが見つかりました。
最近はあまり見ていない貝です。

次に、
IMG_3328.jpg
ウサギさんです。
テンロクケボリかな?

IMG_3329.jpg
クダマキガイ科も見つかりますが、やはりこれといったものは少ないですね。

約2時間ほどの採集でしたが、定点観測ということで、帰りました。

今日の収穫(大きい方)
IMG_3349.jpg

今日の収穫(小さい方)
IMG_3350.jpg

今日のタカラガイ、ウミウサギ組。
IMG_3347.jpg
今日の一番といえるウキダカラのFD、サメダカラ、ヒナメダカラ?、テンロクケボリ、ムラクモコダマウサギ。

今日の二枚貝
IMG_3346.jpg

今日よかった貝
IMG_3348.jpg
ニシキシャジクがきれいでした。
キイロアラボリクチキレツブも久しぶりです。

次は一月後かな?









2017.10.29オゴクダ採集(台風22号の影響)
台風通過後の次の日は、このブログの訪問者数が大きく増えます。
皆さん、オゴクダがどうなっているのか気になっているんでしょうね。

今回は、通過後の次の日早くに行ってきました。
残念ながら一番乗りではなく先客がいましたが、前回の台風21号の時とそう変わらない感じです。

IMG_3136.jpg

IMG_3137.jpg

潮が少し引いていますが、波があるのでそれほど磯は見ることができません。
見れる範囲で見ても、生きたものは揚がっていないようです。

仕方がないので、貝溜りから見ていきます。
最初に見つけたのが、
IMG_3140.jpg
サクラコダマウサギ、最近はあまり見ない貝ですが、新しいものではありません。

次に、
IMG_3138.jpg
ジュズダマダカラ、これも古い貝のようです。

IMG_3141.jpg
クロシオダカラも久しぶりですが、状態は良くありません。

ほとんど新しい貝が見つからないまま、おなじみの貝を拾っていきます。
最後に見つけた貝も、
IMG_3142.jpg
ヤリノホツノマタ、擦れた個体ですが、ここでは少ない部類の貝です。

あまり変わっていないので、約2時間で切り上げました。
他の方も来ないし、2名だけの出勤でした。

今日の成果、大きい個体
IMG_3167.jpg

小さい個体
IMG_3168.jpg

今日のタカラガイ、ウミウサギ組。
IMG_3165.jpg
ツマベニメダカラ、これはFDで状態はほぼ最高です。
ジュズダマダカラ2個、クロシオダカラ2個、サバダカラ、サクラコダマウサギ。

今日よかった貝。
IMG_3166.jpg
ルカオキニシ、イボカバイモ(チノイモ)、コゲイロホラダマシ、ヤリノホツノマタ。

今回は、台風通過後すぐだったので、目につく大きな貝しか見つけられませんでしたが、波が落ち着いてくれば小さな貝も揚がってくると思いますので、それに期待です。











ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム