オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
カゲロウガイ
台風の後などに打ち上げられている物をよく見ますが、殻が薄いのでほとんどが割れています。
残っている物も、先端の薄い部分はなく、やや厚い所だけが残ったものばかりです。
打ち上げられたものでは解りませんが、生きている個体は殻に透明感があります。
形も棲息する場所によりかなり変化します。
また、色合いも個体により変化があります。

カゲロウガイ
Streptopinna saccata Linnaeus 1758
ハボウキガイ科 カゲロウガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 45.7㎜~56.9㎜ 1978年採集

カゲロウガイ3
Streptopinna saccata Linnaeus 1758
ハボウキガイ科 カゲロウガイ
串本町潮岬産 生貝個体 101.4㎜ 2007年採集

カゲロウガイ4
Streptopinna saccata Linnaeus 1758
ハボウキガイ科 カゲロウガイ
串本町上浦産 生貝個体 105.8㎜ 2008年採集

カゲロウガイ2
Streptopinna saccata Linnaeus 1758
ハボウキガイ科 カゲロウガイ
串本町潮岬産 生貝個体 97.1㎜ 2000年採集


スポンサーサイト


ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム