オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
イシガキモドキ
この貝もオゴクダでは普通に見かける貝ですが、ほとんど牡蠣類の子供と間違います。
放射状の肋は、カスリイシガキモドキよりも太めで、本数も少ないです。
表面には、あまり色が付かず、周辺にやや黄色っぽい彩色があります。
鉸歯は大きく、薄い褐色になります。

イシガキモドキ
Plicatula horrida Dunker 1882
ネズミノテガイ科 イシガキモドキ
串本町上浦産 生貝個体 9.2㎜ 1980年採集

スポンサーサイト
カスリイシガキモドキ
転石の下などにほぼ殻全体で固着しています。
オゴクダでの打ち上げは、普通に見られるほど多いです。
ただ、ほとんどが半片です。
細い放射状の肋があり、その間に黒褐色の不規則な斑点があります。
個体によっては、この斑点の少ない物もあります。

カスリイシガキモドキ
Plicatula australis Lamarck 1819
ネズミノテガイ科 カスリイシガキモドキ
串本町上浦産 生貝個体 15.0㎜ 2013年採集



ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム