オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
チャスジツクシ
近海産第二版が出るまでは、カバスジオトメと混同していた貝です。
模様の出方は良く似ていますが、螺肋は模様だけでなくはっきりとした肋となります。
色合いがこの個体のように、赤褐色の個体しか見ていません。

チャスジツクシ
Pusia aureolineatum Turner 1988
ミノムシガイ科 チャスジツクシ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 13.5㎜~15.0㎜ 1978年採集

スポンサーサイト
ホソミヨリオトメフデ
ハナオトメと混同していた貝です。
こちらの方が、はるかに数が多い気がします。
周辺に現れる白斑は、縦肋上にのみ現れ、連続しません。

ホソミヨリオトメ
Pusia aureolatum Reeve 1844
ミノムシガイ科 ホソミヨリオトメフデ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 14.6㎜~17.8㎜ 1980年採集

Vexillum xenium
採れたばかりの種類です。
沖縄方面では採れている貝なので、いずれ採れるのではないかと思っていました。
淡い褐色の帯が3列出ますが、その帯も色合いに強弱があります。

Vexillum xenium
Vexillum xenium Pilsbry 1921
ミノムシガイ科 和名無し 
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 21.6㎜ 2016年採集

Vexillum xenium2
Vexillum xenium Pilsbry 1921
ミノムシガイ科 和名無し 
沖縄県残波岬産 死殻個体 23.6㎜ 1988年採集

ミノムシガイ科は、64種類となりました。


カノコオトメフデ
むしえびさんからの画像です。
この貝も記録されたようです。
体層に、縦肋上に小さな斑点が、3列あります。
この分では、イチレツカノコオトメフデも、いずれ採れるかもしれません。

151108_171732.jpg
Pusia plurinotatum Hervier 1897
ミノムシガイ科 カノコトメフデ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 4.0㎜ 2015年採集

151108_171534.jpg
Pusia plurinotatum Hervier 1897
ミノムシガイ科 カノコトメフデ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 4.0㎜ 2015年採集

ミノムシガイ科は、63種類となりました。


クダマキノミフデ
何時かは採れると思っていましたが、やはり揚がったようです。
むしえびさんからの画像です。
日本近海産貝類図鑑の個体にそっくりです。
やや紡錘形をして、薄紫色をしています。

クダマキノミフデ
Thala sp
ミノムシガイ科 クダマキノミフデ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 4.3㎜ 2015年採集

ミノムシガイ科は、62種類となりました。




ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム