オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
フデガイ
今年最初の採集で見つけた貝です。
串本周辺ではまだこの個体しか打ち上げでは見つけたことがなく、もっと深いところにいる貝だろうと思います。
死殻と書きましたが、軟体が少し残っているようで、FDと言えます。
まだ小さな個体ですが、褐色の細かな斑が放射状に残っています。

フデガイ
Vicimitra inquinata Reeve 1844
フデガイ科 フデガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 死殻個体 22.3㎜ 2018年採集


スポンサーサイト
マルベッコウフデ
むしえびさんからの画像です。
オゴクダでお会いした時に見せてもらいました。
やや太めの形に粗い螺肋があります。

マルベッコウフデ
Nebularia rubritincta Reeve 1844
フデガイ科 マルベッコウフデ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 15.5㎜ 2013年採集

マルベッコウフデ2
Nebularia rubritincta Reeve 1844
フデガイ科 マルベッコウフデ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 15.5㎜ 2013年採集

フデガイ科は、52種類となりました。


フトコロヤタテ
ビカリヤさんからの画像です。
最近採集されたそうで、この貝もやっと来たかと言う感じです。
外唇が肥厚して、括れたようになります。
ミダレシマヤタテの大きい感じです。

futokoroyatate.jpg
Strigatella decurtata Reeve 1844
フデガイ科 フトコロヤタテ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 20.0㎜

フデガイ科は、51種類となりました。


コシマヤタテ
最近の採集で、新たに追加しました。
以前紹介したミダレシマヤタテに形が似ていますが、縦の白い模様は、途切れることなく繋がります。
殻表全体に、細く低い螺肋が出ます。

コシマヤタテ
Strigatella zebra Lamarck 1811
フデガイ科 コシマヤタテ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 13.3㎜

フデガイ科は、50種類となりました。


ナガイモフデ
以前arctataと間違えて掲載した貝です。
実際この貝が打ち上がるの珍しく、これも偶然が重なったものだと思います。
オゴクダで採れるのはチリメンイモフデが多いのですが、そ幼貝と比較しても、より細長いと言うことで区別できます。
この個体は画像で見る範囲は良いのですが、反対側は欠けてありません。
縦に欠けたという珍しい形ですが、魚やカニなどによるものなのかもしれません。


Pterygia japonica Okutani & Matsukuma 1982
フデガイ科 ナガイモフデ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 16.1?

これでフデガイ科は49種類となりました。


ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム