オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ゴマフイモ
ao-misakiさんから画像を頂きました。
私自身この貝は潮岬の他の場所での採集はしていたのですが、オゴクダではまだ未採集でした。
ao-misakiさんは、2個体採集しているようで、当たる人と当たらない人のいい例ですね。
コモンイモに似た形をしていますが、黒い斑点が全体に出ます。


Puncticulis pulicarius Hwass 1792
イモガイ科 ゴマフイモ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 15.2?〜19.8?

イモガイ科は、これで62種類となりました。
スポンサーサイト
ソウジョウイモ
以前紹介した画像の貝は、アジロイモだったため、今回改めて紹介します。
私自身はオゴクダでの採集はなかったことになりましたが、他の方が採集したと聞いています。
私の貝は、田並産の貝で、結構大型の標本です。


Darioconus pennaceus episcopus Hwass 1792
イモガイ科 ソウジョウイモ
串本町田並田ノ崎産 打ち上げ個体 72.5?

イモガイ科は、61種類となりました。
ウスムラサキイモ
ビカリヤさんからの画像です。
この貝も、やや深い所から採集できる種類ですが、アサナギミナシと同じように採集されているようです。
先日ビカリヤさんとお会いする機会があり、実物を見せていただきました。
明日からも少しビカリヤさんの貝の紹介をします。
イモガイ科は、これで60種となりました。


Endemoconus floridulus Adams & Reeve 1848
イモガイ科 ウスムラサキイモ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 22.0㎜
シロマダライモ
この貝も他の方が採集したと聞きましたので、紹介します。
私の標本は、潮岬の別の場所での個体ですが、品質の良くないものも含めて10数個体採集しています。
サンゴのカケラが多く打ち上がる所での採集ですので、そう言った場所に生息するものと思われます。


Hermes nussatella Linnaeus 1758
イモガイ科 シロマダライモ
串本町潮岬産 打ち上げ個体 41.6㎜〜50.0㎜

イモガイ科は、59種類となりました。
アケボノイモ
知り合いの方から頂いた画像です。
日本及び周辺地域産軟体動物総目録には、紀伊半島以南として載っています。
私自身は未採集ですが、目標の一つです。
画像の個体はまだ幼貝のようですが、特徴はよく出ています。


Puncticulis stercusmuscarum Linnaeus 1758
イモガイ科 アケボノイモ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 20.0㎜

イモガイ科は、58種類となりました。


ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム