オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ベニツブサンショウ
打ち上げられる所では、たくさん見つかる貝ですが、オゴクダではまだ2個体です。
かなり小さい貝なので、見逃しているのかも解りません。
名前の通り密に出る螺肋は紅色をして、肋間は白っぽくなります。
殻底は白くなります。


Leptothyra rubricincta Mighels 1845
リュウテン科 ベニツブサンショウ(背面)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 1.4mm〜1.6mm

 リュウテン科 ベニツブサンショウ(腹面)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 1.4mm〜1.6mm

リュウテン科は、11種類でした。
スポンサーサイト
サンショウスガイ
昨日のシラタマサンショウスガイ等に比べると、やや大きめの貝ですが、この貝もオゴクダでは普通に見つかります。
殻高も高く、縫合部分ではくびれて階段状になります。
色や模様は変化に富んでいます。
蓋にも特徴があって、全体に顆粒状となり、中央が穴のように窪みます。


Neocollonia pilula Dunker 1860
リュウテン科 サンショウスガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 4.5mm〜6.7mm


リュウテン科 サンショウスガイ(蓋拡大)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 6.7mm
シラタマサンショウスガイ
『シラタマ』と言う名が付いている通り、殻は真っ白です。
昨日のコダマサンショウスガイを白くしたような感じですが、シラタマサンショウスガイの方が殻高は低いです。
オゴクダではたくさん採れる貝で、貝砂を持って帰れば標本には十分な量が出てきます。


Collonista amakusaensis Habe 1960
リュウテン科 シラタマサンショウスガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 3.0mm〜4.4mm


リュウテン科 シラタマサンショウスガイ(拡大)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 3.0mm〜4.4mm

コダマサンショウスガイ
オゴクダでは、貝砂からたくさん見つかる貝です。
色や模様にもバリエーションがあって、見ていて楽しい貝です。
全体に低い螺肋があり、臍穴は丸く開きます。


Collonista glareosa Gould 1861
リュウテン科 コダマサンショウスガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 2.5mm〜4.7mm


リュウテン科 コダマサンショウスガイ(拡大)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 2.5mm〜4.7mm

オカモトウズ
ごくたまに見かける貝ですが、イセエビの刺網ではよく見かけます。
串本周辺での刺網は、10m〜20m程度の所に仕掛けることが多いので、その深さに生息しているのだと思います。
底面には細かな麟編状の螺肋が密に出ますが、体層部分は不規則な小さな畝状となります。
殻は、黄色い個体からピンク色、白っぽい物など変化に富みます。
蓋は一様にピンク色をしています。
やや深い40〜50m程度の深さから得られた個体は、腰高になり周辺が角張り殻低が窪んだ少し感じの違う個体となります。
深さによる変異かなと思っています。


Astralium okamotoi Kuroda & Habe 1961
リュウテン科 オカモトウズ(側面)
串本町潮岬産 生貝個体 23.7mm


リュウテン科 オカモトウズ(底面)
串本町潮岬産 生貝個体 23.7mm

やや深い所から得られた個体

リュウテン科 オカモトウズ(側面)
串本町津荷漁港産 生貝個体 16.5mm


リュウテン科 オカモトウズ(底面)
串本町津荷漁港産 生貝個体 16.5mm


ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム