オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ヒラアナゴウ
イボアナゴウを採集していると、たまに見つかります。
名前の通り、イボアナゴウに比べ殻は平たくなります。
ほとんどの個体が赤褐色をしており、放射彩も白っぽい物が多いです。
イボアナゴウが外洋に面した波あたりの強い所複数が集まって生息しているのに対し、ヒラアナゴウは直接波があたらない岩の内側などに単体でいることが多いです。
大きさも、50ミリを超える個体はほとんど見かけません。
殻の形から、『大山写真集』等で紹介されている個体によく似ています。

ヒラアナゴウ
Sanhaliotis stomatiaeformis Reeve 1846
ミミガイ科 ヒラアナゴウ
串本町潮岬産 生貝個体 32.2㎜~41.9㎜

ヒラアナゴウ(裏)
Sanhaliotis stomatiaeformis Reeve 1846
ミミガイ科 ヒラアナゴウ(内面)
串本町潮岬産 生貝個体 32.2㎜~41.9㎜

ミミガイ科の貝は、6種類でした。
スポンサーサイト
イボアナゴウ
潮岬周辺でたくさん見つかる貝です。
黒潮の影響を受ける貝のようで、潮岬を越えた所から東海方面には見なくなります。
トコブシは、潮間帯から10数メートルの石の下などにいるようですが、イボアナゴウは水深2m程度の所から浅い所に生息します。
通常は波あたりの強い岩の先端部のウニ穴や岩の割れ目などに隠れています。
小さなものから7~8cmぐらいまではそう言った所にいるようですが、もっと大きくなると最上部の波が届く所の大きな岩の下や、奥深い割れ目の奥などにいることが多いです。
暗緑色の個体が多く、薄い緑色の不規則な放射彩が出ます。
放射肋も疎らに出て、ところどころイボ状となります。

イボアナゴウ
Sanhaliotis varia Linnaeus 1758
ミミガイ科 イボアナゴウ
串本町潮岬産 生貝個体 27.2㎜~57.8㎜

イボアナゴウ(裏)
Sanhaliotis varia Linnaeus 1758
ミミガイ科 イボアナゴウ(内面)
串本町潮岬産 生貝個体 27.2㎜~57.8㎜

クロアワビ
潮岬周辺では、昨日のメガイアワビと同じくらいの感じで採れます。
オゴクダでは打ち上げで擦れた物をよく見かけます。
メガイアワビに比べ、色が暗褐色をしており、殻も細く感じます。

クロアワビ
Nordotis discus discus Reeve 1846
ミミガイ科 クロアワビ
串本町潮岬産 生貝個体 70.6㎜

クロアワビ(裏)
Nordotis discus discus Reeve 1846
ミミガイ科 クロアワビ(内面)
串本町潮岬産 生貝個体 70.6㎜
メガイアワビ
潮岬周辺でも以前はよく見かける貝でしたが、最近は少なくなっています。
黒潮の接岸で、水温が上昇しており、それに伴い海藻の生育が悪くなっているのが原因ではないかと思っています。
トコブシも少なくなっていると漁師の方からも聞いていますので、この類の餌が少なくなっているのが原因のようです。
オゴクダでもよく見かける貝ですが、綺麗な物はありません。
やはり生きた物を採集する以外に、標本にする貝は良いのがありません。
3種類あるアワビの仲間では、殻表面はあまり畝を作らず、丸い感じがする貝です。

メカイアワビ
Nordotis gigantea Gmelin 1791
ミミガイ科 メガイアワビ
串本町潮岬産 生貝個体 94.5㎜

メカイアワビ(裏)
Nordotis gigantea Gmelin 1791
ミミガイ科 メガイアワビ(内面)
串本町潮岬産 生貝個体 94.5㎜
トコブシ
潮間帯から20m程度の所までの転石や岩の下の隙間に生息しています。
昨日のフクトコブシとほぼ同じ貝ですが、放射肋はそう目立ちません。
通常採集される個体には、ほとんどキクスズメが寄生していて、その表面には着いていた跡があります。
画像の個体は、珍しく大型の貝にもかかわらず、キクスズメの付着がありませんでした。
トコブシ特有の、やや緑色を帯びた山形の模様が綺麗に残っています。

トコブシ
Sulculus diversicolor supertexta Lischke 1870
ミミガイ科 トコブシ
串本町潮岬産 生貝個体 76.0㎜

トコブシ (裏)
Sulculus diversicolor supertexta Lischke 1870
ミミガイ科 トコブシ(内面)
串本町潮岬産 生貝個体 76.0㎜

トコブシは、水産物の重要な漁獲となっており、漁獲上昇を目指し、稚貝の放流が行われています。
25㎜程度まで養殖により大きくされた物が、放流されているようです。
そう言った個体は、養殖時と放流後の食性の違いで、殻の色に変化が出てきます。
放流後に採集された物の画像です。
トコブシ (養殖)
Sulculus diversicolor supertexta Lischke 1870
ミミガイ科 トコブシ
串本町田並産 生貝個体 44.1㎜~45.6㎜


ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム