オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ケシツブシタダミ
友人からの画像です。
日本及び周辺地域産軟体動物総目録では、模式産地は日本海の貝で、分布に三陸沿岸とされています。
でも、特徴からこの貝が当てはまりますので、そのまま記録としておきます。

ケシツブシタダミ
Conotalopia minima Golikov 1967
ニシキウズ科 ケシツブシタダミ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 1.1㎜ 2015年採集

スポンサーサイト
クロフヒメマキアゲエビス
ビカリヤさんからの画像です。
この貝も、やや深い所から得られる種類で、打ち上げでは難しいと思います。
階段状になり、殻は厚めです。

kurofuhimemakiagaebisu.jpg
Perrinia nigromaculata Schepman 1908
ニシキウズ科 クロフヒメマキアゲエビス
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体10.0㎜ 2015年採集

ニシキウズ科は、47種類となりました。


Jujubinus sp
ビカリヤさんからの画像が続きます。
私も採集していたのですが、今回画像を頂いたので紹介します。
二枚の画像は、一見すると違う種類のように見えますが、タイプの違う個体と思っています。
和歌山県では、イセエビの刺網のごみからも得られています。
胎殻の部分が、ピンク色になり、低い顆粒肋が出ます。

Jujubinus sp
Jujubinus sp
ニシキウズ科 不明種
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 7.0㎜ 2015年採集

Jujubinus sp2
Jujubinus sp
ニシキウズ科 不明種
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 左5.5㎜ 2015年採集

ニシキウズ科は、46種類となりました。



アワジチグサ
ビカリヤさんからの画像です。
普通種ですが、なぜか私は採集できていませんでした。
貝砂からしか見つからない大きさの貝です。

アワジチグサ?
Conotalopia mustelina Gould 1861
ニシキウズ科 アワジチグサ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 2.5㎜~3.0㎜ 2015年採集

レーズンイリムシパンサンショウガイモドキ
なんとも長い名前の貝ですね。
この貝が採れていると言う噂は聞いていたのですが、今回むしえびさんから画像を頂きました。
ヒナカゴサンショウガイモドキに比べ、螺肋が少なく、螺肋上に黒点が出ます。
私も見つけてみたいものです。

レーズンイリムシパンサンショウガイモドキ
Vaceuchelus sp
ニシキウズガイ科 レーズンイリムシパンサンショウガイモドキ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 5.7㎜

レーズンイリムシパンサンショウガイモドキ裏
Vaceuchelus sp
ニシキウズガイ科 レーズンイリムシパンサンショウガイモドキ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 5.7㎜

ニシキウズガイ科は、44種類になりました。




ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム