オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ヤセツブリボラ?
画像の割れた個体を採集しているだけですが、形が気になったので、持ち帰ってきました。
この形で通常考えられるのは、オオゾウガイ、コシダカフジツガクィ、ヤセツブリボラの3種類です。
オオゾウガイは、もう少し殻口が細くなる貝で、赤茶色の貝と言う事で、違うと思います。
色合いからは、残る2種が考えられますが、コシダカフジツの幼層は、もっと瘤列が大きく殻の膨らみも大きくなります。
残るヤセツブリボラとの比較では、螺塔の高さに違いがあるものの、よく似ています。
和歌山県での記録もあるようなので、ヤセツブリボラ?とします。

ヤセツブリボラ
Ranularia exile Reeve 1844
フジツガイ科 ヤセツブリボラ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 21.1㎜ 2015年採集

ヤセツブリボラ2
Ranularia exile Reeve 1844
フジツガイ科 ヤセツブリボラ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 21.1㎜ 2015年採集

ヤセツブリボラ(沖縄)
Ranularia exile Reeve 1844
フジツガイ科 ヤセツブリボラ
沖縄県瀬良垣産 死殻個体 48.5㎜ 1993年採集

ヤセツブリボラ(比較)
Ranularia exile Reeve 1844
フジツガイ科 ヤセツブリボラ
左オゴクダ産、右沖縄産

フジツガイ科は、29種類となりました。


スポンサーサイト
ボウシュウボラ
この貝も大型の貝で、綺麗な物は見かけません。
ケースに入る小さな個体を採集していますが、小さい時は赤っぽい色をしています。
大きくなると、肋上のみ絣模様となります。


Charonia sauliae sauliae Reeve 1844
フジツガイ科 ボウシュウボラ(幼貝)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 18.5㎜〜22.7㎜


フジツガイ科 ボウシュウボラ
串本町津荷漁港産 生貝個体 141.0㎜

今日でフジツガイ科が終わります。
28種類ありました。
サザレイボボラ
この仲間では一番小さい貝で、オゴクダではたまに見つかります。
実際浜で見つけるのは小さすぎて難しく、ほとんどが貝砂からです。
ほとんど白い色をしており、縦肋と螺肋で格子状となり、その交点はやや顆粒状となります。


Rhysema pusilla Pease 1860
フジツガイ科 サザレイボボラ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 7.7㎜〜10.4㎜
シマイボボラ
オゴクダの打ち上げでは、たまに見つかる貝です。
小さなものから老成したものまで、見つかります。
生きている個体は、滑層に艶があり、外唇が襞のようになり、面白い形をしています。
名前の通り、縞模様となります。


Distorsio anus Linnaeus 1758
フジツガイ科 シマイボボラ(腹面)
串本町潮岬産 生貝個体 45.3㎜


フジツガイ科 シマイボボラ(背面)
串本町潮岬産 生貝個体 45.3㎜


フジツガイ
今までオゴクダではカケラしか見たことがありません。
大きく重い貝ですから、打ち上がる時に割れてしまうのかもしれません。
通常は殻皮を被っていますが、全体に被ってはいません。
縦張肋のみ厚くなるようで、他は薄い殻皮となります。
殻は赤茶色をしていて、外唇の刻み部分と内唇に斑点のように黒い彩色があります。


Rotoria lotorium Linnaeus 1758
フジツガイ科 フジツガイ(腹面)
串本町潮岬産 生貝個体 115.7㎜


フジツガイ科 フジツガイ(背面)
串本町潮岬産 生貝個体 115.7㎜


ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム