オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
Serpulorbis sp
唯一の個体です。
オオヘビガイよりも細く、殻質も薄い貝です。
成長に沿って、所々に茶色の線が出ます。
とりあえずspとしました。

Serpulorbis sp
Serpulorbis sp
ムカデガイ科 不明種
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 殻径7.2㎜

スポンサーサイト
オオヘビガイ
ごく普通に見つかる貝です。
オゴクダで採れるこの種類では一番大きくなります。
巻き方は不規則で、螺肋(巻きの方向)に数本の肋があります。
成長肋は、細く細かに出ます。

オオヘビガイ
Serpulorbis imbricatus Dunker 1860
ムカデガイ科 オオヘビガイ
串本町潮岬産 生貝個体 殻径10.8㎜
タツノコヘビガイ
個体数は多い方だと思いますが、打ち上げではたまに見かける程度です。
成長に沿って、細く棘だった肋が出ます。
巻きの内側から、中央まで尖った肋が出ます。
蓋を持つ種類です。

タツノコヘビガイ
Bivonia dragonella Kuroda MS
ムカデガイ科 タツノコヘビガイ
串本町船瀬漁港テトラポット付着 生貝個体 殻径5.5㎜
ミジンムカデ
小さな種類ですが、たまに打ち上げが見つかります。
浅い所の岩などについている貝ですが、色が黒いので見分けがつきます。
成長に沿って深く刻まれた肋があります。
蓋がある種類です。

ミジンムカデ
Spiroglyphus planorbis Dunker 1860
ムカデガイ科 ミジンムカデ
串本町船瀬漁港テトラポッド 生貝個体 殻径3.0㎜

クビタテヘビガイ
打ち上げでたまに見つかります。
殻表には、規則的に縦肋が出ますが、殻口近くでは平滑になります。
殻口は、立ち上がった形になり、名前に通りクビタテになります。

クビタテヘビガイ
Vermetus tokyoensis Pilsbry 1895
ムカデガイ科 クビタテヘビガイ
串本町古座動鳴気漁港消波ブロック 生貝個体 殻径1.1㎜


ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム