オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
チリメンムカシタモト
ビカリヤさんからの画像です。
少し深い所にいる種類ですから、オゴクダでの打ち上げは少ないと思います。
私自身は、イセエビ刺網での採集です。
通常は、殻口が黒くなり、肩部の瘤列が細かく出ます。

tirimen.jpg
Canarium erythrinum Dillwyn 1817
ソデボラ科 チリメンムカシタモト
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 25.0㎜

チリメンムカシタモト
Canarium erythrinum Dillwyn 1817
ソデボラ科 チリメンムカシタモト
串本町潮岬産 イセエビ刺網死殻個体 33.3㎜

ソデボラ科は、14種類となりました。


スポンサーサイト
ヒダトリガイ
友人からの画像です。
オゴクダではまだ未採集ですが、近くの上浦海岸では、老成したものをヤドカリで確認しています。
肩部で盛り上がり、水管方向にはやや斜めになった縦肋が出ます。
水管近くには螺肋が密に出ます。

ヒダトリガイ
Canarium labiatum Roding 1798
ソデボラ科 ヒダトリガイ(フトスジムカシタモト)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 26.8㎜

ヒダトリガイ(上浦)
Canarium labiatum Roding 1798
ソデボラ科 ヒダトリガイ(フトスジムカシタモト)
串本町上浦浜産 ヤドカリ入り個体 37.7㎜

クモガイ
友人からの画像です。
和歌山産として、クモガイは少ない貝で、私自身もまだ2個しか見ていません。
そう言う意味でも、オゴクダでの産出はかなり少ない貝と言えます。
あまり螺肋が高くない印象を受けます。、

クモガイ
Lambis lambis lambis Linnaeus 1758
ソデボラ科 クモガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 47.4㎜

ソデボラ科は、12種類となりました。


サソリガイ
友人からの画像です。
この貝も、潮岬のイセエビ刺網に掛かった物は所持していたのですが、オゴクダではまだ確認できていない種類でした。
特徴の長い棘は折れてしまっていますが、種類の同定に支障はありません。
打ち上げよりも少し深い所にいると思われます。

サソリガイ
Lambis crocata crocata Link 1807
ソデボラ科 サソリガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 59.6㎜
マイノソデ
友人からの画像です。
まだ幼貝のため、外唇の張り出しはありません。
近くの上浦海岸ではごくたまに見かける貝ですが、オゴクダでは私自身はまだ見ていません。
全体に螺肋が密に出ます。

マイノソデ
Euprotomus aurisdianae aurisdianae Linnaeus 1758
ソデボラ科 マイノソデ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 35.1㎜


ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム