オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
フロガイダマシ
最近の採集で見つけました。
まだ紹介されていない種類で、この個体だけの採集です。
ホウシュノタマなどに似ていますが、茶褐色の斑点列が出ます。
蓋は、フロガイのように、筋状に刻まれます。

フロガイダマシ
Naticarius concinuus Dunker 1860
タマガイ科 フロガイダマシ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 13.1㎜

フロガイダマシ2
Naticarius concinuus Dunker 1860
タマガイ科 フロガイダマシ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 13.1㎜

タマガイ科は、10種類となりました。


スポンサーサイト
ハギノツユ
オゴクダではたくさんいる貝で、行けばいくつも見つかります。
新鮮な個体は、紫色が強い色をしていますが、時間と共に色あせてきて、かなり薄い色となります。
縫合付近に刻み目がある以外は、平滑です。
表面には、波曲紋と言われる流れたような線の模様が出ます。
蓋には、外唇方向に2本の肋が出ます。

ハギノツユ
Tanea sagittata Menke 1843
タマガイ科 ハギノツユ
串本町潮岬沖ドレッジ採集 生貝個体 11.4㎜~12.7㎜

タマガイ科は、9種類でした。


テマリダマ
オゴクダではまだ3個体の採集です。
かなり少ない貝で、採集していることもあまり聞きません。
体層中央に黄色い線があり、その両側には間隔をおいてくの字あるいは直線の模様が出ます。

テマリタマガイ
Natica insecta Jousseaume 1878
タマガイ科 テマリダマ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 6.7㎜~7.8㎜
Natica sp
貝砂や、小さい貝が集まる所からも採集しています。
案外多い貝ですが、名前は解りません。
艶があり、太い褐色の帯が出ます。
殻底と縫合付近は白くなります。
縫合付近は、刻み目が出来ます。
形だけ見ると、サザレタマガイに似ていますが、採集した個体全て模様はありません。

Natica sp
Natica sp
タマガイ科 不明種
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 3.1㎜~5.2㎜
Natica manceli
オゴクダでは擦れた物を1個採集しているだけですが、同じ潮岬のイセエビ刺網で、死殻を2個採集しています。
特徴的な模様が入る貝ですが、モザイクタマガイとして載せられていた事もあります。

N manceli
Natica manceli Jousseaume 1874
タマガイ科 和名なし
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 15.8㎜

N manceli2
Natica manceli Jousseaume 1874
タマガイ科 和名なし
串本町潮岬産 イセエビ刺網死殻個体 8.5㎜~11.1㎜



ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム