オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ナガカズラガイ
砂地に生息する貝で、オゴクダのような岩礁では個体数は少ないと思います。
恐らく偶然の打ち上げだと思いますが、かけらでも特徴が解るので、紹介しました。
和歌山県での産出も少ない貝と言えます。

カズラガイ
Bezoardicella avriegatum Perry 1811
トウカムリ科 ナガカズラガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 34.8㎜ 2015年採集

カズラガイ2
Bezoardicella avriegatum Perry 1811
トウカムリ科 ナガカズラガイ
串本町津荷漁港産 打ち上げ個体 50.5㎜ 2006年採集

カズラガイ3
Bezoardicella avriegatum Perry 1811
トウカムリ科 ナガカズラガイ
串本町津荷漁港産 打ち上げ個体 50.5㎜ 2006年採集



スポンサーサイト
レンジャク
オゴクダではたまに見かける貝です。
ヒナヅルやアメガイに比べ、殻質が薄く細くなります。
肩部には瘤列は出ません。
やや黄色みを帯びた殻に、薄い5本の褐色斑列が出ます。
縫合付近にもそれより濃い斑が出ます。

レンジャク
Casmaria nipponensis Abbott 1968
トウカムリ科 レンジャク
串本町潮岬オゴクダ浜産 生貝個体 36.4㎜

レンジャク2
Casmaria nipponensis Abbott 1968
トウカムリ科 レンジャク(殻口部)
串本町潮岬オゴクダ浜産 生貝個体 36.4㎜



アメガイ
昨日のヒナヅルと同じように、たまに見かける貝です。
肩部に出来る小さな瘤列の特徴も同じく出るものと出ない物があります。
縫合付近の褐色班は、ほとんどの個体に出ますが、体層部分の薄い褐色斑列は変化に富みます。

アメガイ
Casmaria ponderosa ponderosa Gmelin 1791
トウカムリ科 アメガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ&生貝個体 30.6㎜~31.8㎜

アメガイ2
Casmaria ponderosa ponderosa Gmelin 1791
トウカムリ科 アメガイ(殻口部)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ&生貝個体 30.6㎜~31.8㎜


ヒナヅル
オゴクダではたまに見かける貝ですが、綺麗な物はありません。
孔が開いているか、欠けた物がほとんどです。
個体によってはこの画像の貝のように、流れた線が出るものもありますが、薄く線が出るもの、ほとんど出ないものなど変化に富みます。
縫合付近に、褐色斑列が出る場合が多いです。
肩部には、小さな瘤列が出る個体もありますが、ほとんど解らないものまでいろいろです。

ヒナズル
Casmaria erinaceus Linnaeus 1758
トウカムリ科 ヒナヅル
串本町潮岬産 打ち上げ個体 48.4㎜

ヒナズル2
Casmaria erinaceus Linnaeus 1758
トウカムリ科 ヒナヅル(殻口部)
串本町潮岬産 打ち上げ個体 48.4㎜





ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム