オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ヒサゴクリムシ
ビカリヤさんからの画像です。
太短い形で、コロンとした印象を受けます。
殻口は、右側に着いていると言う感じです。

ヒサゴクリムシ
Apicalia gibba A.Adams 1862
ハナゴウナ科 ヒサゴクリムシ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体3.0㎜~3.6㎜ 2015年採集

ハナゴウナ科は、30種類となりました。


スポンサーサイト
ヤセフタオビツマミガイ
この貝も友人からの画像です。
ほとんど見る事のない種類で、私も画像を見るのは初めてです。
少し消えそうな二本の褐色線が出ます。
日本及び周辺地域産軟体動物総目録では、ミヤジクモヒトデに外部寄生と書かれています。

ヤセフタオビツマミガイ
Mucronalia exilis A.Adams 1862
ハナゴウナ科 ヤセフタオビツマミガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 2.4㎜ 2015年採集

ハナゴウナ科は、29種類となりました。


Echineulima sp
打ち上げで3個体の採集です。
細長く、殻質もかなり薄く、半透明です。
表面に薄い格子状の肋があります。

Echineulima sp
Echineulima sp
ハナゴウナ科 不明種
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 7.2㎜~12.1㎜

ハナゴウナ科は今日で一旦終わります。
まだ不明種らしきものはありますが、満足な形の物がないので、いずれ追加されると思います。
ハナゴウナ科は、28種類でした。


ガンガゼヤドリニナ
潮岬でも、ガンガゼウニに着いている個体をいくつか採集しています。
殻が薄いので、打ち上げでは採集は難しいと思いますが、割れた物を含めて5個体採集しています。
各螺層は膨れたようになり、一番右端の個体は雄かもしれない。

ガンガゼヤドリニナ
Echineulima robusta Pease 1860
ハナゴウナ科 ガンガゼヤドリニナ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 7.5㎜~10.6㎜
Vitreobalcis sp1
貝砂から10個ほど採集しています。
やや右に曲がりながら、殻頂方向には左にうねります。
一見するとカスリモミジヒトデヤドリニナに似ていますが、太短く感じます。

Vitreobalcis sp1
Vitreobalcis sp1
ハナゴウナ科  不明種
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 2.5㎜~3.6㎜





ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム