オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
エビスツボ
友人からの画像です。
本来は、ソビエツブ科に属する貝ですが、ここで使用している日本及び周辺地域産軟体動物総目録では、ウミコハクガイ科に入っているので、そのまま紹介します。
海底洞窟にいる種類だと思いますが、採集されたようです。
顆粒を持ったエビスガイと言う印象を受ける貝ですが、非常に小さいので、貝砂からしか採集できないと思います。

エビスツボ
Sansonia iredalei Bavay 1922
ウミコハクガイ科 エビスツボ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 1.2㎜ 2015年採集

ウミコハクガイ科は、2種類目です。


スポンサーサイト
オトギノスガイ
和名のあるこの仲間、オトギノスガイ、カドマルオトギノスガイ、ミツカドオトギノスガイの中で、唯一採れるのがこのオトギノスガイです。
それぞれ特徴があって、オトギノスガイは周辺に少し角が出来ることで区別されます。
小さい貝なので、貝砂からの選別で得られますが、あまり多くはありません。
今まで30個体程度の採集です。

オトギノスガイ
Leucorynchia caledonica Crosse 1867
ウミコハクガイ科 オトギノスガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 2.3㎜~3.1㎜

ウミコハクガイ科は、この1種のみです。


ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム