オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
Seilarex verconis
昨日紹介したイサカイクリムシチョウジガイは、紹介済みの貝でした。
それで、別の貝の紹介に変更しています。

この貝は、最近の貝砂から見つけましたが、以前にも採集している物が見つかりません。
オゴクダでもかなり少ない貝で、通算でも2個体です。
形がキリガイダマシを連想する感じですが、体層は丸く、4本の螺肋があります。
マエイワケシカニモリと言う仮称が付けられています。

Selarex verconis
Seilarex verconis Cotton 1951
アミメケシカニモリ科 (マエイワケシカニモリ)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 4.2㎜ 2015年採集

アミメケシカニモリ科は、23種類となりました。


スポンサーサイト
Cerithiopsis sp7
この貝も単一標本です。
一見キリオレを連想させるように、縫合付近で細くなり、重ねたような形となります。
顆粒列は、4列あります。
割れた個体ですが、かなり細長い形をしています。

Cerithiopsis sp6
Cerithiopsis sp7
アミメケシカニモリ科 不明種
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 3.3㎜

アミメケシカニモリ科は、今日で一旦終わりますが、まだ種類はあると思います。
いずれ追加をすることになりそうです。
22種類の紹介です。


Synthopsis enzae 
この貝も単一標本です。
3列ある顆粒列の中と下の2本が褐色となり、一番上は白い顆粒です。
特徴ははっきりとしているので、恐らく記載はあると思います。

Cerithiopsis sp5
Synthopsis enzae Cecalupo, A. & I. Perugia, 2012
アミメケシカニモリ科 和名無し
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 2.3㎜

再びMozuさんからぴったりの画像を頂きましたので、訂正します。


Cerithiopsis sp5
貝砂から採集された単一標本です。
顆粒列が3列るあるのは同じですが、かなり細長くなります。
肋間はあまり広い溝ではありません。

Cerithiopsis sp4
Cerithiopsis sp5
アミメケシカニモリ科 不明種
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 3.8㎜
Cerithiopsis sp4
昨日のsp3によく似ていますが、より細く縫合間が直線的な事、螺肋間の溝が広い事で区別されます。
色合いも薄めとなります。

Cerithiopsis sp3a
Cerithiopsis sp4
アミメケシカニモリ科 不明種
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 3.1㎜~5.1㎜


ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム