オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
マルカメガイ
同じくむしえびさんからの画像です。
少し割れた個体ですが、確認されていました。
コロンとした丸い貝で、半透明の殻をしています。

マルカメガイ4
Cavolinia globulosa Rang 1829
カメガイ科 マルカメガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 5.0㎜ 2014年採集

マルカメガイ3
Cavolinia globulosa Rang 1829
カメガイ科 マルカメガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 5.0㎜ 2014年採集

マルカメガイ2
Cavolinia globulosa Rang 1829
カメガイ科 マルカメガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 5.0㎜ 2014年採集

マルカメガイも、少し色の違いのある個体があります。
マルカメガイ
Cavolinia globulosa Rang 1829
カメガイ科 マルカメガイ
串本町潮岬産 打ち上げ個体 4.9㎜~5.4㎜ 1966年採集

カメガイ科は、4種類となりました。


スポンサーサイト
ヒラカメガイ
むしえびさんからの画像です。
カメガイ科も、少ないながら採集されているようです。
形が宇宙船を思わせるような感じで、平たい殻をしています。

ヒラカメガイ2
Diacria trispinosa Lesueur 1825
カメガイ科 ヒラカメガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 7.0㎜ 2014年採集

ヒラカメガイ3
Diacria trispinosa Lesueur 1825
カメガイ科 ヒラカメガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 7.0㎜ 2014年採集

ヒラカメガイは、たくさん見ていくと模様の出方に変異があります。
同じ潮岬で採れた個体を載せます。
ヒラカメガイ
Diacria trispinosa Lesueur 1825
カメガイ科 ヒラカメガイ
串本町潮岬産 打ち上げ個体 6.7㎜~7.3㎜ 1966年採集


カツラガイ
最近採集した個体です。
周辺はかなり割れてしまっていますが、放射状に薄く模様も出ています。
ホストは解りませんが、イタヤガイ科の貝だと思います。

カツラガイ
Capulus dilatatus A.Adams 1860
カツラガイ科 カツラガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 14.9㎜ 2015年採集

カツラガイ2
Capulus dilatatus A.Adams 1860
カツラガイ科 カツラガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 14.9㎜ 2015年採集

カツラガイ科は、4種類になりました。


2015.10.25例会採集会
黒潮貝類同好会の例会が開かれたので、参加してきました。
午前中の採集会は、オゴクダ浜です。
この日は、採集会参加は私も含めて15名。
別に浜に採集に来た方を含めると、20名近い人が浜にいます。
これだけに人がいると、自分の探せる範囲はわずかです。
仕方がないので、普段見ない場所を探しながら、昼まで頑張りました。
今回は、浜での画像はありません。
収穫のみ紹介します。

今日の収穫(大きい方の貝)
IMG_8858.jpg

今日の収穫(小さい方の貝)
IMG_8859.jpg

今日のタカラガイ、ウミウサギ組。
IMG_8854.jpg
ジュズダマダカラ、テンロクケボリ。

今日の二枚貝組。
IMG_8857.jpg
3個体とも生貝で、ヤガスリヒヨク、ヒナクチベニ、ウチトミガイ。
ウチトミガイは、久しぶりの生きた貝で、棲息環境が解りました。

今日の生貝組。
IMG_8855.jpg
シイノミヨフバイ5個、クロイトマキハラブトシャジク。

今日良かった組。
IMG_8856.jpg
フリージアガイ、バライロヨウラク、ホソカゴメベッコウバイ、イササボラ近似種、ハタガイ、カブラガイの1種、ポンダーナワメグルマ?、Favartia sp

なんとかこれだけ採れましたと言う感じです。
しばらくは行かない方が良いかもしれません。


ヤセフタオビツマミガイ
この貝も友人からの画像です。
ほとんど見る事のない種類で、私も画像を見るのは初めてです。
少し消えそうな二本の褐色線が出ます。
日本及び周辺地域産軟体動物総目録では、ミヤジクモヒトデに外部寄生と書かれています。

ヤセフタオビツマミガイ
Mucronalia exilis A.Adams 1862
ハナゴウナ科 ヤセフタオビツマミガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 2.4㎜ 2015年採集

ハナゴウナ科は、29種類となりました。


カメガイ
友人からの画像です。
この仲間では一番大きくなる貝で、亀に近い形をしていると思います。
薄い褐色の半透明の殻をしています。

カメガイ
Cavolinia tridentata Niebuhr 1775
カメガイ科 カメガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 13.2㎜ 2015年採集


ミシマユリヤガイ
友人からの画像です。
ユリヤガイ科の残された最後の種類です。
表面に放射状に白斑が入ります。
これでオゴクダでは、3種類全てが確認されたことになります。

ミシマユリヤガイ
Julia mishimaensis Kawaguti 1982
ユリヤガイ科 ミシマユリヤガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 3.2㎜ 2015年採集


コモンスソキレ
近くの上浦海岸では多い貝ですが、オゴクダで浜かけていない貝でした。
この貝も、むしえびさんからの画像です。
小さく背の高い形をしていて、放射状の肋は、絣模様となります。
背後の切れ込みも短めです。

コモンスソキレ
Emarginula punctata A.Adams 1852
スカシガイ科 コモンスソキレ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 7.5㎜ 2015年採集

コモンスソキレ2
Emarginula punctata A.Adams 1852
スカシガイ科 コモンスソキレ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 7.5㎜ 2015年採集

スカシガイ科は、17種類となりました。


サザナミフネガイ
むしえびさんからの画像です。
カリバガサの仲間で、全体が薄めの茶色をしています。
内面のスプーン状の部分が欠けていますが、痕跡は残っています。

クリイロカリバガサ
Crepipatella fluctuosa Is.Taki 1938
カリバガサ科 サザナミフネガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 5.0㎜ 2015年採集

クリイロカリバガサ2
Crepipatella fluctuosa Is.Taki 1938
カリバガサ科 サザナミフネガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 5.0㎜ 2015年採集

クリイロカリバガサとして紹介しましたが、画像を確認してみると、カリバガサのお椀を伏せたような形ではなく、やや扁平な形をしています。
表面も、凸凹した感じで、殻周辺の色も薄くなっています。
この特徴は、サザナミフネガイの物で、生息深度も合うことから、訂正しました。


カリバガサ科は、4種類となりました。


クダマキノミフデ
何時かは採れると思っていましたが、やはり揚がったようです。
むしえびさんからの画像です。
日本近海産貝類図鑑の個体にそっくりです。
やや紡錘形をして、薄紫色をしています。

クダマキノミフデ
Thala sp
ミノムシガイ科 クダマキノミフデ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 4.3㎜ 2015年採集

ミノムシガイ科は、62種類となりました。




ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム