オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
Chama sp
半片はたまに見かけますが、合弁は台風の後などに見つかる事があります。
細く短い突起列が、全面に出て、白色に褐色の2本の放射彩が出ます。
この特徴は、フタオビザルと言うオーストラリアに生息する貝にも似ていますが、特定はできていません。

Chama sp
Chama sp
キクザル科 不明種 
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 4.2㎜~9.1㎜ 1980年採集

スポンサーサイト
キクザルガイ
ケイトウガイに似ていますが、形は丸くなります。
非常に変異の大きい貝で、棲息環境によっては別種と思えるものもあります。
オゴクダでは、半片がよく見つかります。

キクザル
Chama japonica Lamarck 1819
キクザル科 キクザルガイ
串本町高富漁港産 生貝個体 38.2㎜ 1978年採集

キクザル2
Chama japonica Lamarck 1819
キクザル科 キクザルガイ
串本町高富漁港産 生貝個体 38.2㎜ 1978年採集

ケイトウガイ
半片の打ち上げは良く見かけます。
キクザルとの違いがよく解りにくい貝ですが、キクザルは丸く、ケイトウガイは先端がとがる菱形に近い形となります。
ただ、両種の違いは、中間に位置する様な物もあって、別けるのが困難な個体も見受けられます。

ケイトウガイ
Chama dunkeri Lischike 1870
キクザル科 ケイトウガイ
串本町潮岬船瀬漁港産 生貝個体 39.0㎜ 2000年採集

ケイトウガイ2
Chama dunkeri Lischike 1870
キクザル科 ケイトウガイ
串本町潮岬船瀬漁港産 生貝個体 39.0㎜ 2000年採集



ヤエウメ
この貝もオゴクダではごくたまに見かける貝です。
サンゴ等に開いた穴の中に入っているのか、打ち上げられたサンゴ貝を割っている時に出てきます。
ほぼ球形の形をしていて、成長肋は点線状になります。

ヤエウメ
Phlyctiderma japonicum Pilsbry 1895
フタバシラガイ科 ヤエウメ
串本町潮岬産 打ち上げ個体 13.4㎜ 1996年採集

ヒメツキガイ
この貝もオゴクダではあまり見かけない貝で、ごくたまに見かけます。
ウミアサだと思って拾ってみると、殻が著しく扁平なので、ヒメツキガイだと解ります。
ウミアサに比べ、放射肋が多く、細かに成長肋で刻まれます。
殻が扁平なのも特徴です。

オゴクダ産の個体をヒメツキガイとして載せましたが、ウミアサの範囲内ではないかと教えて頂きました。
同じ潮岬の他の場所で採集したヒメツキガイと思う個体と比較したところ、上部両端に現れる太く粗い放射肋の形状が違うように思いますので、画像を入れ替えています。
オゴクダでも確認していると思っていますが、標本が見つからないので、他の産地で代用します。


ヒメツキガイ3
Epicodakia bella Conrad 1837
ツキガイ科 ヒメツキガイ
串本町潮岬産 打ち上げ個体 13.1㎜~16.1㎜ 1997年採集


ツキガイ
オゴクダではあまり見かけない貝で、見つけても小さい個体です。
やや砂交じりの所にいるようで、大形の物も他の場所では見かけています。
小さいうちは、やや横長になりますが、大きくなると丸く感じるようになります。
細かな放射肋と成長肋で、布目状となります。

ツキガイ
Codakia tigerina Linnaeus 1758
ツキガイ科 ツキガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 12.0㎜~16.2㎜ 2012年採集

ホソスジヒメツキガイ
オゴクダではたまに見かける貝ですが、半片より合片で見る事が多いです。
やや横長になる貝で、放射肋が多く、肋上は成長肋で細かく刻まれます。

ホソスジヒメツキガイ
Epicodakia sp
ツキガイ科 ホソスジヒメツキガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 11.5㎜~12.2㎜ 1980年採集

ウミアサ
打ち上げではよく見かける貝です。
潮の引いた岩礁の、窪みにたまった砂の中から生きた物が見つかります。
白っぽい個体、画像のように黄色っぽい個体、やや赤みがかった個体などがあります。
放射肋は粗く、分岐状になります。

ウミアサ
Epicodakia delicatula Pilsbry 1904
ツキガイ科 ウミアサ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 13.2㎜ 1979年採集


ベニガキ
オゴクダの打ち上げでは、たくさん見つかる貝です。
ほとんどが半片ですが、たまに合片が見つかります。
やや赤みを帯びた殻色で、内面の閉殻筋痕が大きいです。
牡蠣の仲間は、オゴクダでどれだけ上がっているのかまだよく確認出来ていません。
今回の個体のみの確認なので、その他の種類とイタボガキ科は、調べてからと言うことで、先送りにします。

ベニガキ
Pretostrea chemnitzii Hanley
ベッコウガキ科 ベニガキ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 40.0㎜ 2012年採集

ベニガキ2
Pretostrea chemnitzii Hanley
ベッコウガキ科 ベニガキ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 40.0㎜ 2012年採集


ヤセクギシャジク
友人からの画像です。
まだ1個体の採集との事で、かなり少ない貝のようです。
クギシャジク属では、一番細くなる貝で、形状も他の種と少し違っています。

ヤセクギシャジク
Carinapex mooreorum Wiedrick 2015
クダマキガイ科 ヤセクギシャジク
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 2.2㎜ 2015年採集



ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム