オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
チチジマコウシツブ
図鑑などの説明でも、このチチジマコウシツブの分類は、かなり難しいと思っています。
以前紹介したクロフコウシツブと非常に似通っているため、またクロフコウシツブが変異の大きい種であるため、何処で分けるのか迷ってしまいます。
参考にした記述は、日本近海産貝類図鑑の『透明感のある白色で、縦肋は通常縫合下の1螺肋を除いて黒褐色と不透明な白色に交互に彩られ、周縁の螺肋は白色となる。』、クロフコウシツブの記述では、『縦肋は1本おきに黒褐色となり、体層では殻底に1本の色帯を持つ』という点です。
特にこの殻底に1本の色帯を持つと言う特徴は、オゴクダで採れるクロフコウシツブのほとんどに現れています。
これらの特徴から、オゴクダで採れる物を見て行った結果、画像の2個体がチチジマコウシツブの特徴に一致するのではないかと思っています。
たくさんの個体の中でも、特に色が白色で、すぐにより分けられました。

チチジマコウシツブ
Kermia bernardi Brazier 1876
クダマキガイ科 チチジマコウシツブ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 4.5㎜
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

あるはずなんです、あるはず...。

覚えてるんですよ、このお姿...なのに、クダマキの引き出しにはないし、データにもない。
確認したんですよ、図鑑で「おおー!!」って感嘆の声をあげたはずなんです。
点々、2個3個、互い違いにカクカク...文章にあてはまると一匹うなずいたはずなんです、チチジマともう一つを比べたはず...なんでないの??(ちょっとパニックです)
【2015/04/14 09:26】 URL | buubuu #- [ 編集]


buubuuさん、こんばんは。
標本は見つかりましたか~。
あったはずと言うのは良くある事なんです。
私も未だに探している貝がありますよ。
【2015/04/14 20:45】 URL | kudamaki #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/1042-c9b62fd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム