オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
Pusia emiliae
シイノミツクシに似た形をして、一見するとカスリオトメの擦れたような印象を受けます。
カスリオトメのような表面のざらつき感はなく、むしろ光沢があります。
こげ茶色に体層中央に薄茶色の細い線、中央から縫合にかけて白く大きな白斑が不規則に出ます。
低い縦肋も出ますが、水管方向にかけては消えていきます。
オゴクダではそう珍しい貝ではなく、行けば拾える貝ですが、良い状態のものは少ないです。


Pusia emiliae Schmeltz 1874
ミノムシガイ科 (和名なし)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 5.9㎜〜11.1㎜


ミノムシガイ科 (和名なし)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 拡大 5.9㎜〜11.1㎜
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
御前崎の
buubuuさん、こんばんは。
年末までミノムシガイ科は続きますが、ついでにフデガイ科に移るつもりです。
よく似た科なので、やっつけてしまおうと思ってます。
これが1月いっぱいから少しあとまで。
その次は決まっていません。
何が良いですかねぇ。
今日はオゴクダに採集に行ってきています。
アップは明日にでもと思ってます。
さすが3連休でした。
【2012/12/23 21:51】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

御前崎の
実は、buubuu カムロガイはたぶん拾ったことがないのかも。
分子1号が帰阪途中、御前崎に連れて行ってもらって拾ってきた中にいっぱいあったのですよ(T氏に言われるまで、それがカムロガイって知らなかったんですけど)関西ではあまり拾えないらしい。ザクロガイもここらへんで拾うより大きくて色が濃かったし。
来年紹介されるのを待ちます。
【2012/12/23 20:14】 URL | buubuu #79D/WHSg [ 編集]

どこぞで...
カムロガイ……色は似ているんですがねぇ(ー_ー)!!
オゴクダ浜で採れるカムロガイは、いずれタモトガイ科のところで紹介できると思いますが、東海から房総にかけてのカムロガイとは同じ種類とは思えないくらい違っているんです。
このペースでいきますと、今年いっぱいはミノムシガイ科を続けそうです。
【2012/12/22 23:08】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

どこぞで...
シワがなかったらカムロの擦れたの、と思うのは buubuu だけでしょうか...?
【2012/12/22 22:47】 URL | buubuu #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/117-d6d083b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム