オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
クダマキノミフデ
何時かは採れると思っていましたが、やはり揚がったようです。
むしえびさんからの画像です。
日本近海産貝類図鑑の個体にそっくりです。
やや紡錘形をして、薄紫色をしています。

クダマキノミフデ
Thala sp
ミノムシガイ科 クダマキノミフデ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 4.3㎜ 2015年採集

ミノムシガイ科は、62種類となりました。

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

以前から疑問に思っていたのですがこれはコトツブの仲間ではないでしょうか?

決めては軸心の歯なんでしょうか。

生態の検証などはしていないのでしょうし。

後湾入なんかはシャジクのグループに近いような気がします。

意見をお聞かせください。



【2015/10/23 09:56】 URL | fts5272 #- [ 編集]


fts5272 さん、こんばんは。
実のところ、この貝は未所持の貝で、実際に殻を見る事が出来なく、全く説得力のないコメントになりそうです。
やはり軸心の歯は、この類の決め手となるんじゃないかと思います。
確かにクダマキ類を思わす後湾入も見られますが、クダマキ類としての決定打とはならないのではないでしょうか。
こう言った、他の科の特徴を併せ持つ貝は、困りものですね。
二枚貝の分類で、アサジガイ科に属する貝なんかは、いつも分ける時の困ります。
【2015/10/23 20:29】 URL | kudamaki #SFo5/nok [ 編集]


わかりにくい貝というのでひとつ。

今日面白いものを見ました。今ニシキウズガイ科をみてるので、サンショウガイに似たサンショウガイモドキ(これは定番ですが)

ほんとにびっくりしたのが、ウラウズガイそっくりのウズイチモンジ。
蓋違う(でも、ないし)、底を見ればバレバレなんですが(置いてあるときは見えないし)
ニシキウズガイ科じゃないし、と、よけようとすると、「こらこら」と「わけてあるのに...。」
でも、鎮座ましましているお姿はほんとウラウズガイ。貝って微妙...。
【2015/10/23 23:38】 URL | buubuu #- [ 編集]


buubuuさん、おはようございます。
ウラウズガイに似ているウズイチモンジとなると、周辺の棘列は少なめですか?
また、形ももっと腰高で、ほぼ模様のない形を連想しますが、私はまだそんな個体は見た事がありません。
一度見たいですね。
【2015/10/24 09:48】 URL | kudamaki #SFo5/nok [ 編集]


いや~もう、まったくそっくりですよ。あの御方も笑ってました。これほどそっくりなのはないです。
底見たら納得なんですけど。っていうか、底見ないとまったくわかりません。普通、色がついてて下の方にヒラヒラしたようなでっぱりの棘がありますが、白いウラウズのまんまのあの棘が列をなしてあるんですよ。ラベル見てませんが、日本産だそうです。こんど行って写真とれたら送ります。
【2015/10/24 13:10】 URL | buubuu #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/1246-7015ab16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム