オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
アオカリガネエガイ
アオカリガネエガイは、日本及び周辺地域産軟体動物総目録では、カリガネエガイの異名になっています。
オゴクダで採れる貝は、全てこのアオカリガネエガイ型と言うタイプですが、このアオカリガネエガイは外洋タイプ、カリガネエガイは、強内湾タイプで、串本でも河口等の汽水域に近い所に生息しています。
両タイプの中間となるような個体はあまり見ないと思っているのですが、目録では同種扱いです。
ここではあえてアオカリガネエガイとして紹介します。
三角形に開いて行くような形で、肩部にやや太い肋が放射状に出ます。
内面がやや青みがかっていることから、この『アオ』が付いています。

アオカリガネエガイ

Barbatia obtusoides Nyst 1848
フネガイ科 アオカリガネエガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 生貝個体 22.8㎜ 1990年採集
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
面白いですね。
 今晩は&お久しぶりです。今月は本当に雨が多いですね。
 大変遅くなりましたが、巻貝系の紹介お疲れさまでした。私自身新しく知ることばかりでとても楽しかったです。二枚貝系もよろしくお願いします。
 カリガネエガイとアオカリガネエガイのお話、面白いですねえ。私も以前から気になっていました。住んでいる環境の違いなのか、はたまた別種なのか分かりませんが、なんとなく殻の感じも違うような気が・・・カリガネエガイ(内湾型)の方が全般的にやや小ぶり?で、殻自体も華奢?薄い?ような感じが彫刻も弱い?・・・それにアオ・・・の方は、殻形の変異も大きいような気がします。あくまでも私のいい加減な感覚なので全くあてになりませんが(苦笑)・・・  それともう一つ、一部のアオ・・・やカリガネは意外なほど高所で見かけることも・・・面白いです。 また、改めてじっくり観察してみます。
【2015/11/23 21:27】 URL | @メダカラ #- [ 編集]


@メダカラ さん、こんばんは。
そうですね、かなり高い所にいる事がありますね。
あれだけ高いと、潮は当たるのかと心配します。(笑)

そろそろ夜間採集の季節ですね。
【2015/11/23 21:40】 URL | kudamaki #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/1279-0e82d79b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム