オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ミノエガイ
ハナエガイやチゴワシノハ等と、似たような所にいる貝ですが、オゴクダではほとんど見かけません。
たまに半片を見る程度です。
生貝は、画像のように厚い殻皮を被っています。

ミノエガイ
Samacar strada Hedley 1914
フネガイ科 ミノエガイ
串本町潮岬産 生貝個体 9.4㎜ 1979年採集

殻皮のないミノエガイは、どんな肋をしているのかと、コメントを頂きましたので、追加で画像を出してみます。
太い螺肋の間には、溝があって、螺肋上にも細い放射状の肋があります。

ミノエガイ2
Samacar strada Hedley 1914
フネガイ科 ミノエガイ
串本町潮岬産 死殻個体 13.7㎜~16.2㎜ 1992年採集
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

成長脈が目立つからミノエガイとわかる・・・ そんな状態でしょうか?
あまり打ちあがる貝じゃないだろうから、オゴクダの荒波にもまれて殻皮もないミノエガイってちょっと見てみたいです。
【2015/12/04 11:10】 URL | リキシマン #W3RjufqE [ 編集]


リキシマンさん、こんばんは。
普通種の半片は、あまり採集していなくて、オゴクダ産のミノエガイは、確認してはいるものの、手元にはなかったです。
同じ潮岬の、やや殻皮が剥げかかった物を、参考に載せました。
今度見つけた時には、採集してきたいと思います。
【2015/12/04 20:22】 URL | kudamaki #SFo5/nok [ 編集]


kudamakiさん、過剰サービスの要求に応えていただき感謝です。
打ちあがっても殻皮の一部は残ってる・・・ 意外に棲息深度が浅いんですね。納得です。
【2015/12/04 20:58】 URL | リキシマン #41OyPApQ [ 編集]


リキシマンさん、
すみません、違うんです。
この標本は、打ち上げではなく、ドレッジ採集ものです。
【2015/12/04 23:24】 URL | kudamaki #SFo5/nok [ 編集]


kudamakiさん、
え? そうでしたか。成長肋間がハッキリとした溝になってることが第一のキーのようですね。ガッテン!
【2015/12/05 10:41】 URL | リキシマン #8M8VRB2o [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/1290-07ec0a66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム