オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ヒオウギ
オゴクダではかけた物をたまに見かける程度ですが、普通にいる貝のようで、自然の個体はそう見つかりません。
養殖で育てられたものが、料理に出てくるのを見るので、多い貝と言う印象を持っています。
通常は付着物が多く、肋上の麟片は綺麗に残っていません。
この貝も、色に変化が激しい種類です。

ヒオウギ
Mimachlamys nobilis Reeve 1852
イタヤガイ科 ヒオウギ
南部町堺漁港産 生貝個体 45.7㎜ 1978年採集
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

年明けとともにヒオウギの仲間たちになりましたね。
養殖物は付着物が多いせいか、掃除しても色合いがさえないですね。天然物だったら転石などの裏側に隠れていることが多いから殻表は案外キレイですよ。
【2016/01/02 13:11】 URL | リキシマン #PZzEXhl6 [ 編集]


リキシマンさん、こんばんは。
ヒオウギは、仰る通り天然物は標本になりやすいのですが、案外個体数は少ないですね。
この画像の個体は、天然ものなので、綺麗な個体です。
この状態で、いろんな色を揃えたいですねぇ。
【2016/01/02 20:45】 URL | kudamaki #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/1321-7531e213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム