オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ハナワイモ
オゴクダではあまり多くありません。
日本及び周辺地域産軟体動物総目録等では、次に紹介するシロセイロンイモやセイロンイモとは同種であると言われています。
理由は形がよく似ている、中間の形状をした個体があるなどですが、私はこのハナワイモとシロセイロンイモ、セイロンイモとは違う種類だと思っています。
シロセイロンイモはセイロンイモの模様のない個体と言うのは納得できているのですが、この2種に比べてハナワイモは、肩の張りも強くやや大型になること、模様の出方も一定しているということで、別種と考えています。



Virroconus sponsalis Hwass 1792
イモガイ科 ハナワイモ

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
くの字
くの字の模様は案外はっきり出ますので、私はその特徴で同定しています。
本日オゴクダに行ってきましたので、その結果を後程アップします。
参考にしてください。
【2012/10/13 19:53】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

くの字
私の様な初心者には大変わかりやすい「表現」で文字にしてくれているので、標本ケースをだしてすぐに「ナルホド」とわかりました。1~3種どれが正解かは専門家のかたがたにおまかせしておいて、今は一所懸命あつめることが私のたのしみ。ひさびさにミサキにいきたくなってきました。・・・それにしても「くの字」はすばらしい。
【2012/10/13 15:54】 URL | オトメフデ #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/20-ac917c0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム