オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
カミスジダカラ
明日紹介するチャイロキヌタに比べて、個体数はそう多くありませんが、行けば見つかる貝です。
背面にジグザグに横切る細い線が、髪筋として表現された名でしょう。


Palmadusta clandistina moniliaris Lamarck 1810
タカラガイ科 カミスジダカラ
串本町潮岬産 生貝個体(背面) 12.5㎜〜20.1㎜


タカラガイ科 カミスジダカラ
串本町潮岬産 生貝個体(腹面) 12.5㎜〜20.1㎜
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
Unknown
ビカリヤさん、こんばんは。
そうですね、少ないタカラガイが湧いたりするのは期待したいです。
【2013/03/03 21:54】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

Unknown
左の個体、でっぷりしてて良いですね。
タカラガイは今年は少な目な感じ。
少ない分、なかなか採集できなかったタカラガイが湧いたりしてくれるとうれしいのですが・・・
【2013/03/03 01:43】 URL | ビカリヤ #79D/WHSg [ 編集]

言われるまで
buubuuさん、こんばんは。
確かに擦れたものはチャイロキヌタと解りにくい所があります。
チャミスジだともっと解りにくいですね。
やはり生貝を採らなければいけません。(^^)v
【2013/03/02 23:13】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

言われるまで
buubuu カミスジは人に言われるまでぜんぜん注意していなかったタカラガイです。(だって、ガスガスはチャキヌとの違いがわかりにくいんですもん。いいわけ、いいわけ)
みなべでもほとんどチャミスジですよね。最初の発見は1号の産湯のチャイロキヌタの箱のなかでした。
【2013/03/02 21:47】 URL | buubuu #79D/WHSg [ 編集]

これは
あさきちさん、こんばんは。
確かにチャミスジと言われる物の方が多いと感じています。
ハイブリッドなのでしょうかねぇ。
【2013/03/02 21:28】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

これは
ちゃんとした?カミスジですね~。
串本付近で見つかるカミスジは、どちらかというと
チャミスジの方が多いような気がします。(^^)
【2013/03/02 17:52】 URL | あさきち #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/200-a895fe4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム