オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ツマムラサキメダカラ属比較
ツマムラサキメダカラ属3種の比較画像を載せます。
向かって左から、ツマムラサキメダカラ、ツマベニメダカラ、ヒナメダカラです。
この画像で違いが解りますか?




関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
比率は?
やっぱりツマベニはそんなに拾えないんですね。「みなべでも拾えるか?」という問いに「?」と返ってきそうですが、1度は拾いたいですね。
【2013/03/15 21:17】 URL | buubuu #79D/WHSg [ 編集]

比率は?
アキオさん,こんばんは。
仰るくらいの確率ですが、考えると絶対無理!と言う感じを受けますね。(-.-)
【2013/03/15 20:49】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

比率は?
オゴクダ浜ではツマムラサキ10~15個に対してツマベニ1個ぐらいの比率で拾っている感じです。そうするとヒナメダカラは0.01個ぐらいでしょうか、ハモンドやケショウメダカラは0.000001ぐらいですか、う~ん次回も再度挑戦です。
【2013/03/15 19:10】 URL | アキオさん #79D/WHSg [ 編集]

おー!!
やはり、ヒナはツンツン・プックリで歯が小さくて、ツマベニは歯がだんだんで、ツマムラサキの帯がしっかりしてる。わかりやすい!! 
ありがとうございました。
【2013/03/12 23:33】 URL | buubuu #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/214-c7ac62cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム