オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
2012.10.7オゴクダ採集
台風後のオゴクダには、かなり日にちがたってしまいましたが、今日行ってきました。
朝8時に浜に下りると、誰もいない貸し切り状態、でも波打ち際には掘り返された後が…(T_T)
まぁ、来ないはずがない浜なので、あまり引かない満潮線のあたりから見ていきます。
いきなり状態が良くないがチドリダカラが掘り返された所のかなり目に付く場所に!
先に来た人はタカラガイ専門の方なのか、あるいは全般に拾う方なのか想像できません。
約2時間半の成果がこれです。



前回来た時に比べて、降りる道には直径3〜4センチくらいの木が折れて散乱しているくらい風が強かったなと思う感じでしたが、浜は海に向かって左の堆積したところが持っていかれて、また打ち寄せた感じです。
右側のほうは、以前よりも打ち上げが多くなっているようで、貝殻が多く感じました。
拾っていて感じるのは、今年はウミウサギの仲間が多いことです。
昨年までは1個か2個程度だったのが、今日は11個。
サクラコダマウサギ4個、ハナヤカケボリ1個、セロガタケボリ3個、テンロクケボリ3個でした。



浜は、やや磯臭い感じで、ウミシダやカニ、ヒトデも少ないながら打ち上がっていて、浅い範囲での打ち上げがあったと感じられ、貝ではヤガスリヒヨクとヘソアキアシヤエビスの生貝が、生きたまま打ち上がっていました。



シワサメザラのペア、久しぶりにアシヤエビス(少し欠けているが大きい)、ホソミヨリオトメフデ、ジュズダマダカラ、クロシオダカラ(2個)、ナガアジロイモの小さいけどFDが今回の収穫です。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
解りました
おーちゃんさん、アシヤエビスの横2個と、中にも覗いているのは、ナミヒメムシロcfですね。
本当のナミヒメムシロは、この貝とは一致しないところがあって、まだ確定できていません。
この貝は、沖縄や奄美大島などからも採集されていて、かなりたくさんいる貝なのですが、図鑑に一致するものがまだ見つけられないでいます。
それで、ナミヒメムシロ近似種としています。

図鑑ですが、質感や色味という感覚がわかる図鑑は、正直ないですね。
やはり平面で見るものですから、私も図鑑では解りにくいので、出来るだけ標本をたくさん見るようにしています。
博物館や個人の標本などを見るのもいいですね。
先に紹介した近海産図鑑以外では、世界文化社の『決定版生物大図鑑 貝類』が見やすいかもしれません。
他には、学研中高生図鑑貝Ⅰと貝Ⅱが引き出し線で特徴を載せてくれているので、これも見やすいかもしれませんので、一度書店で確認してみてください。
タカラガイ、良い貝を採集されているようですね、最近はアジロダカラもほとんど見なくなりました。
スソムラサキダカラも擦れたものがほとんどで、皆さんに拾われているのでしょうね。
【2012/10/11 21:07】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

Unknown
 こんにちは。早速教えていただきありがとうございます。キンスジコツノマタ、カバスジツクシ、たぶんそれだと思います。早速名前を入れます。もう一つはホソミヨリオトメフデではなく、アシヤエビスの横に二個、中にものぞいている、他にもあちこちにある奴です(こんな一般的っぽいのまで分からなくてすいません。)これからも、こんな形で質問してもよろしいでしょうか?
 何分初心者なもので、日本の貝とか初心者向けそうなものでアタリをつけて、ネットで確認という形を取っているのですが、これかなあと思ってネットで見てみると、全然違うということが多々ありまして、質感とか色味とかが初心者にも分かるように忠実に出ているのはどの図鑑か知りたいと思っています。

 今年は確かにウミウサギとか多いですね。あまり拾えなかった私も、何個か拾ってますし、クロシオダカラとかアジロ、わりかしきれいなジュズダマ、カバホシなどちっちゃい系タカラガイも充実しているように思います。それから、今年はスソムラサキダカラが多くないですか?

【2012/10/11 18:31】 URL | おーちゃん #79D/WHSg [ 編集]

オゴクダです
beachcomberjp さん、コメントありがとうございます。
ここをよく知る私でも、その奥の深さにいつも驚いています。
微小貝まで行くと、いつ終わると知れない闇の地獄に舞い込んでしまう恐れがありますが、少しずつ紹介していこうと思っています。
私も実はかなり前から老眼で、浜ではあまり小さいものは這いつくばっても難しくなっています。
たくさん入っているような貝砂があれば、持ち帰って机上での選別をしています。
そうでもしないと無理です。(T_T)
是非一度訪れてみてください。
今後ともよろしくお願いします。
【2012/10/10 21:05】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

Unknown
オグゴダ・・・やっぱすごいですね。
これまでに何度も誘われたことがありますが、あえて行きませんでした。
こんなの自分の目で見たら、あまりにも自分のフィールドが寂しくなっちゃいますからね。

そんなこと言っているうちに、老眼が強くなり、小さなものが見つけにくくなっちゃいました。
福井や渥美の海岸で、アオイガイやら,カズラガイやら,大きなものだけ見ていますよ。(笑)

同定はいい加減なので、いろいろ教えてくださいね。
【2012/10/10 20:28】 URL | Shige/beachcomberjp #79D/WHSg [ 編集]

残念でしたね
お-ちゃんさん、7日は午前中は誰も来ないで貸し切り状態でした。
ただ、潮は小潮であまり引かなくて、少し波もあったので、波打ち際は採集しずらかったです。
貝の名前は、解らないものは直接メールででもお送りいただければわかる範囲でお答えしたいのですが、このブログにはメール表示機能がありません。

>下のサメダカラの左の方にある濃い焦げ茶に黄色や白の線が入った巻き貝
恐らくキンスジコツノマタのことでしょうか。
>欠けたアシヤエビスのすぐ上や右にある巻き貝
すぐ上にあるのは、カバスジツクシ、右はホソミヨリオトメフデのことかなと思います。

図鑑ですが、いま日本で一番たくさん載っていて、画像が奇麗なのは、日本近海産貝類図鑑ですが、これは3万8千円もする高価な図鑑です。
今のところこの図鑑を超えるものはないのですが、間違いもたくさんあって、いろんな方が訂正の個所を指摘しています。
どの程度の貝の種類か教えて頂ければ、他の図鑑も紹介したいと思います。
【2012/10/09 20:08】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

Unknown
 こんばんは。7日にオゴクダにいらっしゃったんですね。
せっかくの三連休だからオゴクダに連れて行ってもらおうと思っていたのですが、子どもが試験前なのでおあずけに。
 もし、予定通りだったらくだまき会長さんにお目にかかれたのにと思うと、非常に残念です。
 採集されたものはウサギもその他もいいですね。でも、名前が分からないものだらけです。例えば、下のサメダカラの左の方にある濃い焦げ茶に黄色や白の線が入った巻き貝や欠けたアシヤエビスのすぐ上や右にある巻き貝さえもよくわかりません。これから少しずつ勉強していきたいと思います。初心者にも見分けがつけやすい図鑑を教えていただけないでしょうか?御願いします。
【2012/10/09 01:07】 URL | おーちゃん #79D/WHSg [ 編集]

今年は
virolさん、コメントありがとうございます。
今シーズンは夏ごろからウミウサギの仲間が多く感じていました。
古いものが掘り起こされたのかもしれませんが、結構見つかります。
そう状態も悪くなさそうなので、今後期待できるかもしれません。
ぜひ、お越しの折には一度覗いてみてください。
【2012/10/08 20:14】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

Unknown
こんばんは~☆ウミウサギ系が充実してますね~☆人気の浜なんで人も多そうでなかなか行く機会がないですが久しぶりに覗きたくなる収穫メンバーで・・☆
【2012/10/08 18:11】 URL | virol #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/23-2864574d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム