オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ツグチガイ
この貝も、オゴクダではほとんど見かけません。
画像の2個体を採集しただけです。
潮岬より北の方面では、よく採集されるようですから、分布域はもっと北なのかもしれません。


Sandalia rhodia A.Adams 1854
ウミウサギ科 ツグチガイ(背面)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 9.4㎜〜9.7㎜


ウミウサギ科 ツグチガイ(腹面)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 9.4㎜〜9.7㎜
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
つぐっちゃん
はるさ~さん、こんばんは。
100個はすごいですね。
それだけ生息数も多いということでしょうが、一度それだけ拾ってみたいですね。
【2013/05/15 22:26】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

串本産は深場
アキオさん、串本より北に行くほどこの貝は多くなるようですね。
三重県のイセエビ刺し網で採ったのも、ツグチガイとコボレバケボリでした。
【2013/05/15 22:24】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

ちょこんと
buubuuさん、こんばんは。
この類に限らず色落ちは残念ですね。
何時までもそのままなら、もっと綺麗な貝を見せられるのにと思える個体がたくさんありました。
そう言っても、次々に取り換えるほど採集もできませんしね。
【2013/05/15 22:21】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

つぐっちゃん
理由はわかりませんが、御前崎では多いですね。100個/日拾ったという話も聞いたことがありますが、私はMAX30個/日ですね。銚子で上がるくらいだから、寒さには強そうですね。

我が家で一番多いうさぎだから、タカラガイで言うところのメダカラみたいなもんでしょうか・・・。
【2013/05/15 21:04】 URL | はるさ~ #79D/WHSg [ 編集]

串本産は深場
串本ではホストになるヤギ類が水温の関係で深場になるらしいですね。生息数が少ない=餌を取り合うライバルが少ないので大きくなるかと思ったのですが、オゴクダ浜は全体に小さいのが上がりますね。
御前崎では水温が下がる冬に越冬できないのかいっぱい上がります。浜で拾えるウミウサギ類の約9割がツグチでしょうか。

【2013/05/15 08:39】 URL | アキオさん #79D/WHSg [ 編集]

ちょこんと
最初に拾ったのはみなべで、干潮でないと渡れないへこんだ場所の、海から飛び出た小さい岩の上にちょこんと鎮座ましましておられました。青い空と青い海の境目の何にもついていない岩の上、赤っぽいピンクのそのお姿は遠くから見ても神々しく(いいすぎか)思わず駆け寄り(波にさらわれそうだったので)靴をぬらしてしまいました。月日がたつと、色が落ちてきて少し残念な気持ちもありますが、あの時の興奮は忘れられません。
【2013/05/15 07:35】 URL | buubuu #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/287-eb8653b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム