オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ガンゼキボラ
この貝もオゴクダでは普通に見つかります。
台風後などには、生きたまま打ち上がって、磯などにいるところをよく見ます。
螺肋が多く、細かな棘が綺麗にでます。
通常は表面に付着物があります。


Chicoreus brunneus Link 1807
アクキガイ科 ガンゼキボラ
串本町潮岬オゴクダ浜産 台風後採集生貝個体 45.7㎜
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

buubuuさん、こう言う普通種も、網が衰退すれば手に入らなくなる可能性があります。
今のうちに基本の標本は、普通種でもちゃんとそろえておく方が良いですよ。
【2013/05/29 20:11】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]


漁師さんが嫌いな貝。網に引っ掛かってとりにくいので、沖で捨てられず持って帰ることに...buubuu は蓋付きが拾えるからうれしいですが
【2013/05/28 23:48】 URL | buubuu #79D/WHSg [ 編集]

?
phacops-facoさん、こんばんは。
この貝から始まったのですか。
私はどの貝かは覚えていないですね。
気がついた時には集めていたと言う感じです。
「ガンセキ」or「ガンゼキ」ですか、日本及び周辺地域産軟体動物総目録には、ガンゼキボラとして載っていますね。
『貝の和名』と言う相模貝類同好会の特別号には、『日本動物図鑑』(1949北隆館)ではガンセキボラとセを濁らず、その説明に「重厚堅固、誠ニ岩石ノ名ニ反カズ」とある。「岩石」は現代語ではガンセキと澄んで読むが、中世から近世にかけてはガンゼキと濁って発音することの方が多かった。この貝の名が江戸時代に名付けられたものなので、当時の発音によっている。コガンゼキ、シロガンゼキ、カザリガンゼキ等も皆ガンゼキボラから派生した名であるため、古い発音に倣って名付けられている。と書かれています。
【2013/05/28 21:15】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

?
小学低学年の臨海でこの貝を拾ったのが趣味の始まり。
しかし未だに疑問?「ガンセキ」or「ガンゼキ」どっちやねん?
【2013/05/28 18:34】 URL | phacops-faco #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/301-a030fa42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム