オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
オビニナ
オゴクダではたくさん見られる貝です。
色の変化が大きいので、異名も付けられています。
一般的にはマツムシと言う名が知られていますが、日本及び周辺地域産軟体動物総目録では、オビニナとされていて、網目模様型がマツムシ、縦型の縞模様型がシママツムシと言う名がつけられています。
オゴクダではほとんどの個体がこのマツムシと言われる型です。
ここで挙げられているオビニナも、ややシママツムシ型の個体で、オビニナは、もう少し大きな水玉模様の出た個体だと思います。


Pyrene testudinaria Link 1806
フトコロガイ科 オビニナ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 15.0?


Pyrene testudinaria tylerae Griffith & Pigeon 1834
フトコロガイ科 オビニナ(マツムシ型)
串本町潮岬オゴクダ浜産 生貝個体 16.7?〜17.2?


Pyrene testudinaria japonica Reeve 1858
フトコロガイ科 オビニナ(シママツムシ型)
串本町潮岬産 生貝個体 16.1?
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/433-69c00a02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム