オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ハンレイマツムシ
ユメマツムシよりは少ないですが、貝砂からはたまに見つかります。
あまり色の変化は少ない方で、白い個体にあやふやは褐色班や白斑が出ます。
縫合部分は、階段状にならず、殻頂からスムーズなラインとなります。
水管部分は、やや殻口方向とは逆に反り返ります。


Graphicomassa hanleyi Duclos 1840 in 1835-40
フトコロガイ科 ハンレイマツムシ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 5.8?〜7.1?


フトコロガイ科 ハンレイマツムシ(拡大)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 5.8?〜7.1?
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
Unknown
Mozuさん、こんばんは。
Mozuさんのブログの貝は、ユメマツムシでいいと思いますよ。
このハンレイマツムシとした貝は、一様に小さくて、7ミリ程度の大きさまでじゃないかと思っています。
水管の反り返りも特徴だと思います。
【2013/11/01 23:10】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

Unknown
おはようございます。

私のブログでユメマツムシとしたものはこちらでしょうか?
あまりにも大きいのでユメマツムシとしましたが、kudamakiさんのこのハンレイの写真を見ていたらかなり一致します。
ただ、水管部分は外には反らないです。
【2013/11/01 08:59】 URL | Mozu #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/477-f0d8fcaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム