オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ナガシマイモ
オゴクダには、たくさん落ちているイモガイです。
状態の良いものも結構あって、たくさん持っていてもなぜか拾ってしまう貝です。


Virgiconus muriculatus Sowerby? 1933
イモガイ科 ナガシマイモ
串本町潮岬オゴクダ浜産
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
意味が?
buubuuさん、こんばんは。
“ここぞ”の意味が解りにくいのですが、見分け方と言う意味でしょうか?
なかなか口では言い表しにくいのですが、たくさんあるのでしたらキヌカツギイモの所でも載せましたように、一つ殻皮を剥いだ標本を見ることでしょうか。
キヌカツギイモとイボシマイモは、シルエットが違います。
イボシマイモとニセイボシマイモは、シルエットが似ていますが、殻皮を通した地の色と、やはり体層を横切る白線の有無で見分けるのがいいと思います。
石灰層も、肩部全体についているものはそうありません。
少しでも見える殻から判断するしかないと思いますよ。
【2012/10/26 21:31】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

Unknown
kudamaski 様 こんばんは 
buubuu 専用浜(自分でそう思っている)でもイモガイたくさん拾えるんですが、殻皮がついたままだとイボシマイモやキヌカツギイモの区別がつきにくいんです。石灰層が頭について、でも磨くのはどうか、ガスガスでも口の紫があまりに綺麗だといっぱい拾ってしまい、悩みのタネです。(ガクフイモは見つけると全部拾ってしまいます)
“ここぞ”っていうのはどこでしょうか?
【2012/10/26 21:19】 URL | buubuu #79D/WHSg [ 編集]

おさらいです
こんばんは。
イモガイ科は、以前整理したグループですが、こうして改めて見直ししていくと、良いおさらいになります。
グループを集中的に整理すると、持っていないものが解り、次に採集するときに気をつけます。
案外、普通にある物は持っていないことがよくありますね。
【2012/10/26 20:43】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

Unknown
 こんばんは。キヌカツギイモもこれも確かによく落ちていて拾った記憶もあるのですが、今見てみると見あたりません。状態悪かったので、他のイモの色あせと思ったのか、一度スレばかり入れたビンを検めてみようと思います。
 こういうふうに一つ一つ紹介していただくと、案外見落としていたものが見えてくるような気がします。ありがとうございます。
【2012/10/26 20:23】 URL | おーちゃん #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/48-291c764a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム