オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
キングチムシロ
打ち上げで得られることの少ない種類で、オゴクダでもたまに見つかる程度です。
でも、見つけると嬉しい貝の一つで、小さな個体でも持ち帰っています。
未だに生きた物は見たことがありませんが、いつかは蓋つきの標本を手に入れたいと思っています。
殻口は、滑層が発達していて、その名の通り金色になります。
ややねじれた形をしており、5本程度の螺肋は、肩部では瘤状になります。
縦肋も低く出ており、螺肋との交わりは小さな瘤となっています。
焦げ茶色の螺線が数本現れる個体が多いようです。


Pliarcularia oneratus Deshayes 1863
オリイレヨフバイ科 キングチムシロ(腹面)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 8.4?〜11.6?


オリイレヨフバイ科 キングチムシロ(背面)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 8.4?〜11.6?


オリイレヨフバイ科 キングチムシロ(幼貝)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 5.4?〜8.1?
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
まってましたヨフバイ科!
はらはちさん、ご期待に答えられないかもしれません。
岩礁地帯のオゴクダ浜のこの種類はそうありません。
せいぜい15種類近くだと思います。
【2013/11/10 00:38】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

Unknown
リキシマンさん、失礼しました。
状況はよくご存じだったのですね。
是非、採集して見せてください。
蓋を見るのが楽しみです。
【2013/11/10 00:36】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

まってましたヨフバイ科!
大好物のオリイレヨフバイ科です(^_^)/

サメムシロやキングチムシロもあこがれの貝です。

南方系の貝なのに、キングチムシロは欠片すら見たことないです(T_T)
コメントを拝見していると、近海産図鑑で書かれてる環境とは違う所にいるようですね。私も今度狙ってみようかと。
【2013/11/09 17:49】 URL | はらはち #79D/WHSg [ 編集]

Unknown
はい、kudamakiはんと同じところ言うてると思う。岩盤上の砂溜りは、ちょっとくぼんだところに岩礫がちょこっと座り、それを中心にして出来てることが多いのや。まあ、来年こそ期待しといて。
【2013/11/09 15:22】 URL | リキシマン #79D/WHSg [ 編集]

Unknown
リキシマンさん、こんばんは。
この貝は、石裏ではなく、岩盤上に溜まった砂の中等にいるそうですよ。
今度はそういったところも狙ってみたらどうでしょうか。
私も何とか採集する方法を考え中です。
【2013/11/08 21:22】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

Unknown
kudamakiはん、ええ貝やね。
他の場所でもキングチを拾ったのはオゴクダのような荒磯の打ち上げ集積帯のみ。ちょっと潜って底の石裏の砂溜りを洗えば出てくるんやないか、と試しているが空振りばっか。
【2013/11/08 14:43】 URL | リキシマン #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/485-33dfcad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム