オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ゴマフホラダマシ
転石の下からは、生きた物がよく見つかる貝ですが、オゴクダの転石帯では少ないようです。
打ち上げ標本は、よく見かけますので、少し深い所にいるのかもしれません。
上浦海岸では、潮の引いた石の下に普通に見つかります。
縦肋間は白っぽくなっていますが、それ以外は黒い色をしています。
白帯も出る個体がありますが、個体による変化は大きいです。


Enzinopsis menkeana Dunker 1860
エゾバイ科 ゴマフホラダマシ
串本町潮岬産 生貝個体 12.2mm〜14.4mm
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
眠れなくなっちゃいます
はるさ~さん、こんばんは。
この貝については、以前話した事がありましたね。
私は同種の変異の範囲としたように思います。
歯の数も、よく見ると小さな物が数えられて、6個あるようにも見えませんか?
他の人の意見も来てみたいですね。
【2014/02/08 20:31】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

眠れなくなっちゃいます
こちらでも行けば必ず拾える貝ですが、近海産図鑑が○×?なために、ブログ等で採集報告している方も混乱しているようです。
右上1個と他の3個は私は別にしたいです。
今探してみたら、鳥羽水図鑑(今日は調子良かった)では、学名は一緒でコ(ゴ)マフホラダマシとナガゴマフホラダマシとなっています。他に一緒に掲載されているところが見つかりませんでした。

各50個ほど並べて比較すると、
↑の1個のタイプは縫合のくびれが強い。
全体的に白っぽく細め。
殻口外唇の着色が内側まで巻き込む。
外唇内側の歯が6個(左のタイプは5個)
等の違いがあり、種内変異では無く別種ではないかという感じがします。
地域差はあるかもしれませんが、中間的な個体は確認できませんでした。

どうでしょうか???






【2014/02/08 17:11】 URL | はるさ~ #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/587-7fe2bf31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム