オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
コゲイロホラダマシ
シリオレホラダマシと違って、オゴクダでは多い貝で、行けば1個は拾える貝です。
殻も細く、縦肋はほとんど目立ちませんが、螺肋は全体に出ます。
少し間隔を持った焦げ茶色の縦の彩色を、2本の細い白色螺線が横切ります。
たまに幼殻をもった個体が見つかりますが、そのまま口が出来た物はまだ1個です。
胎殻から4~5層付近で折れてしまうようですが、最初から折れているわけではなさそうです。
口が出来る時期に前後して折れるのかもしれません。

コゲイロホラダマシ
Caducifer decapitata Reeve 1844
エゾバイ科 コゲイロホラダマシ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 13.3㎜~14.0㎜

コゲイロホラダマシ(胎殻あり)
エゾバイ科 コゲイロホラダマシ(胎殻のある個体)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 9.7㎜~13.2㎜
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

なんで折れちゃうんでしょうね。長くなったからいらないってわけでもないでしょうに。オゴクダにも何年も行ってないので、そろそろ行きたいですけど、長い休みがとれませんねぇ。
【2014/03/06 23:17】 URL | buubuu #- [ 編集]


buubuuさん、こんばんは。
シリオレになるのは何か原因があるのでしょうが、なんでしょうね。
陸貝にあるシリオレギセルやシリオレトノサマギセル等も同じような特徴ですが、シリの折れていないものも見つかります。
原因がわかれば面白いのですが。
【2014/03/07 00:02】 URL | kudamaki #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/613-b78bef5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム