オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
オボロヅキコガモガイ
コガモガイやコモレビコガモガイに比べると個体数は少ないですが、同じ状況で見つかります。
この貝は一番大きくなるようで、オゴクダでも大きい個体を採集しています。
殻の前側が細くなるのが特徴で、他の2種と区別できます。
低い放射肋が出ますが、個体によっては目立たない物もあります。

オボロヅキコガモガイ
Lottia lindbergi Sasaki & Okutani 1994
ユキノカサ科 オボロヅキコガモガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 生貝個体 15.8㎜~19.2㎜

オボロヅキコガモガイ(裏)
Lottia lindbergi Sasaki & Okutani 1994
ユキノカサ科 オボロヅキコガモガイ(内面)
串本町潮岬オゴクダ浜産 生貝個体 15.8㎜~19.2㎜
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/653-9c37d608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム