オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ホソスヂアオガイ
串本周辺でのこの貝の産出はかなり少ないと思います。
以前、アオガイ類の仲間を調べるためにいろんな所の個体を採集して、比較を行いましたが、ホソスヂアオガイの串本での確認は、オゴクダ浜だけでした。
しかも、オゴクダ浜でも一部分の所にしかいなく、かなり生息場所は限定されます。
他の場所ではそう言った事がないのかもしれませんが、少ない貝と言えます。
形はクモリアオガイによく似ていますが、内面は綺麗な青色をしています。
放射肋は、クモリアオガイよりももっとおとなしい感じがします。
幼層の頃に細い放射状の線が出ますが、周辺部分では消える個体が多いです。

ホソスジアオガイ
Notoacmea concinna teramachii Kira 1961
ユキノカサ科 ホソスヂアオガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 生貝個体 18.0㎜~19.2㎜

ホソスジアオガイ(内面)
Notoacmea concinna teramachii Kira 1961
ユキノカサ科 ホソスヂアオガイ(内面)
串本町潮岬オゴクダ浜産 生貝個体 18.0㎜~19.2㎜

今日でユキノカサ科が終わります。
16種類でした。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

 今晩は。現在雨は止んでいます。
 この貝は、本当に分布が限られているんですね。
 こちらでもほとんど見たことがありません。
 この科の貝は、分類がややこしい?(私自身が勉強するのをサボっているから)というイメージがあり、加えて、一部の種を除いて、よく見かける種が多いので、「また今度採集しよう」と思って、結局採らずじまいのものが多いです。これからは面倒くさがらずに見てみます。
(よく見るときれいなものが多いですね)。
【2014/04/20 22:26】 URL | @メダカラ #- [ 編集]


@メダカラ さん、こんばんは。
今日は採集に行くつもりでしたが、雨で残念しました。
この所休みの日に雨の事が多いですね。
アオガイの仲間は、分類が難しいです。
場所による変異もあって、たくさん見ないと慣れてこないです。
内面の色はほんと綺麗な物が多く、それが特徴の物もあります。
私も一時期かなりな場所での採集をやりました。
それでだんだんと分類に自信が持てるようになってきたのですが、今も?と思える個体がたまにあります。
【2014/04/20 23:23】 URL | kudamaki #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/661-c77f4d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム