オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
アシヤガイ
今日からニシキウズ科です。
最初はアシヤガイですが、オゴクダでは少ない貝です。
やや内湾の半分以上埋まった転石の下などから見つかる貝です。
全面に縮れた放射肋があり、新鮮な物は茶褐色の殻皮を被っています。
内面は真珠光沢をしています。
蓋は殻口の大きさには関係ないような小さなものです。

アシヤガイ
Granata lyrata Pilsbry 1890
ニシキウズ科 アシヤガイ
串本町上浦海岸産 生貝個体 12.9㎜~13.5㎜

アシヤガイ(内面)
Granata lyrata Pilsbry 1890
ニシキウズ科 アシヤガイ(内面)
串本町上浦海岸産 生貝個体 12.9㎜~13.5㎜
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

アシヤガイにはこんな蓋があったのですね。ニシキウズガイ科なので、蓋があって当然なのですが、これってあまり意味のないような...貝には貝の事情があるので、buubuu が文句言ってもしょうがないんですが...ねぇ...
【2014/04/27 10:05】 URL | buubuu #- [ 編集]

埋もれ石
マメアゲマキなどの埋もれ石の下に棲んでいる貝を探す時によく見ます。
やはり、湾域の泥っぽい埋もれ石の下で見ますね。
こういう埋もれ石を起こすのにシャベルが必要で、採集時はたいそうな恰好になってしまいます。
【2014/04/27 15:37】 URL | きつきつぼ #3/2tU3w2 [ 編集]


buubuuさん、こんばんは。
アシヤガイの蓋はあまり見ないですよね。
蓋自体は役目がある様な大きさでもありませんし、退化していく途中なのかもしれません。
軟体の中に蓋がある種類などは、どういう風に考えるべきなんでしょう。
せめて、石灰質のサザエのような蓋なら、解りやすいのですが。
【2014/04/27 23:14】 URL | kudamaki #SFo5/nok [ 編集]

埋もれ石
きつきつぼさん、こんばんは。
シャベルですか、荷物が重たそうですね。
バールと言う方も知っていますが、私はそこまではやりません。(T_T)
【2014/04/27 23:16】 URL | kudamaki #SFo5/nok [ 編集]

万能道具
バールだと石は起こせても砂を掘ることができません。
ショベルだと、柄が長いので梃子の応用で石も起こせますし、砂泥底の貝も掘り起こせます。ただ、環境には優しくない道具なので、ピンポイント的に使わないと環境を荒らしてしまうのが難点です。
あと、足場の不安定な場所ではストックにもなります。
【2014/04/28 01:19】 URL | きつきつぼ #3/2tU3w2 [ 編集]

万能道具
きつきつぼさん、こんばんは。
なるほど、ショベルは確かに万能道具ですね。
問題は重さ?かと思いますが。
流石にショベルを持って磯に行く勇気がありません(ー_ー)!!
【2014/04/28 20:41】 URL | kudamaki #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/668-078f35e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム