オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
テングガイ
11月10日に、オゴクダでは初めて採集した貝です。
潮岬周辺のイセエビ刺し網では、大型の老成した個体が採集できていましたが、今回の採集個体は中でも一番小さいです。
これほど小さいのに、採った瞬間すぐに解りました。
縫合に近い鰭が反り返っていたからです。
大きくなるとほとんど白い個体となるのですが、一部分黒っぽい彩色が見られます。


Chicoreus ramosus Linnaeus 1758
アクキガイ科 テングガイ
串本町潮岬オゴクダ浜産 19.6?





とにかく、ケースに入る標本はうれしい〜(*^^)v
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
箱入り娘
ryubabaさん、こんばんは。
私も見つけたときは、しばらく眺めてていました。
今はケースに入れて眺めています。
今度は他の方に見せるのが楽しみです。
オゴクダ図鑑…頑張ります。
【2012/11/13 21:59】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

箱入り娘
kudamakiさん こんばんは~
すご~く綺麗ですねぇ。ケースに入ったお姿はまるで深窓の令嬢のよう。こんな貝を見つけたら、手が震えそう。しかし、オゴクダってすごい所ですね。一体どのくらいの種類の貝があるのでしょう?オゴクダ図鑑楽しみにしていま~す
【2012/11/13 21:43】 URL | ryubaba #79D/WHSg [ 編集]

こんなにちっちゃいのに
buubuuさん、こんばんは。
私もこの貝を見るまでは、とてもケースに入らない大きな貝を持ってます。
巻貝類はほとんど普通にそのまま巻いて大きくなると思います。
リンボウなどは、平面に巻くので棘を落とさなければならないですが、このような形の貝は、やや巻き下がるので、前の棘が残ります。
ただ、前の棘は擦り減っていくので、あまりきれいには残りません。
【2012/11/13 20:25】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

こんなにちっちゃいのに
buubuu かなり大きいの持っていますが、形はまんまですよね。これって大きくなるのにどうやってなるんでしょう?リンボウははりを落としていくし、巻を太くしていくにしても、形状がねぇ....まさかこれで成貝ってことはないですよね、カタベだって、トゲトゲ小さいころからありますものね。
【2012/11/13 07:53】 URL | buubuu #79D/WHSg [ 編集]

待ってましたよ~☆
virolさん、こんばんは。
模様、どうなんでしょう?こんな小さい個体見たのが初めてなので、解らないんです。(T_T)
もしかしたら沖縄方面の方なら知っているかもしれませんね。
はらはちさん、どうでしょう?
【2012/11/12 23:21】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

待ってましたよ~☆
2センチないんですね~驚き~(((( ;°Д°))))少し色付いてるのはもともと出る模様なんですか??それとも人間で言う子供のお尻にある蒙古斑のようなものかな??自分はまだありますが・・('-^*)/個性的でいいですね~☆
【2012/11/12 23:00】 URL | virol #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/71-eb461678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム