オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ハナザラ
そう見つかる貝ではないのですが、採集方法が解ってからはたくさん見つけられるようになりました。
ナガウニの穴の壁にいる貝なので、ナガウニをどかしたら見つかる貝です。
ナガウニと何らかの関係があるのでしょう。
表面には赤い放射状の模様が出ますが、内面は周辺のみ放射彩が残ります。
生きている個体は、内面の真珠光沢が綺麗に出ます。

ハナザラ
Broderipia iridescens Broderip 1834
ヒメアワビ科 ハナザラ
串本町潮岬産 生貝個体 5.1㎜~7.6㎜
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

おはようございます。

kudamakiさんに教えて頂いて見つけた貝ですが、欠けさせずに剥がすのが難しいですよね。
私のを教えて頂いた時はムラサキウニでしたがナガウニの穴にもいるんですね。
【2014/06/08 09:52】 URL | Mozu #- [ 編集]


Mozuさん、こんにちは。
そうだったですか?
ムラサキウニにもいるとなると、ウニの種類も広いものなのかもしれません。
ウニ類との関係は何かあるのでしょうね。
【2014/06/08 13:50】 URL | kudamaki #SFo5/nok [ 編集]

ウニが蓋
ウニ穴の中はウニがフタとなって他の生物からの捕食がされにくいから自然と安全なウニ穴に貝が棲むようになったのでは?
実際、ウニ穴のウニを退かすと他の小型類が潜んでいるのも何度か見ました。
ナガウニだけでなくムラサキウニ、タワシウニのウニ穴でも小型の貝を採集したこともありますので説明がつくと思います。
中には、ハタガイのように実際にウニの管足を齧っている貝もいますが。
【2014/06/08 18:32】 URL | きつきつぼ #3/2tU3w2 [ 編集]


きつきつぼさん、こんばんは。
確かにウニ穴は、安全な場所ですね。
私も他の貝がいるのを見たこともあります。
でも、ハナザラは全ての穴にいるとは限りませんし、同じような所でもウニの種類によってはいない穴もあります。
いろんなウニで探してみたら面白そうですね。
【2014/06/08 20:53】 URL | kudamaki #SFo5/nok [ 編集]


この仲間で僕自身、未だに謎の貝がアコヤザラです。
以前、アコヤザラとしてある標本を見せて貰った事が
あるのですが、どう見てもスソカケの仲間でした。
「真アコヤザラ」を是非見てみたいのですが、オゴクダ
では見かけませんか?
【2014/06/09 22:35】 URL | OKUYAMA #- [ 編集]


OKUYAMAさん、こんばんは。
アコヤザラは、確かに謎の貝ですね。
図鑑でもはっきりとしたものは示されていませんが、一番の決め手は内面の真珠光沢でしょうね。
オゴクダでは私自身は採集していませんが、他の方が採っているようです。
私の標本は他産地ですが、この仲間として紹介する予定です。
納得のいく紹介が出来ればいいのですが。
【2014/06/09 23:57】 URL | kudamaki #SFo5/nok [ 編集]


おはようございます。


アコヤザラは最近この仲間とは全く縁のないカラマツガイ科のテリカラマツの仲間であることがDNAの分析で分かっていますよ。
【2014/06/10 07:05】 URL | Mozu #- [ 編集]


Mozuさん、こんばんは。
確か以前そう教えてもらったような気がします。
まだ新しく分類が変わった物は理解できていないので、このブログでは日本及び周辺地域産軟体動物総目録に沿った分類で進めています。
気になる所はその都度教えてください。
よろしくお願いします。<(_ _)>
【2014/06/10 22:07】 URL | kudamaki #SFo5/nok [ 編集]


kudamaki様
Mozu様

な、なんと!
ウロダマヤドリ、イソチドリ以来の衝撃です。
頭の中にこびり付いている分類体系が崩れていくー!!!
我が父、ティーレ様、今、何処!!!

【2014/06/11 00:29】 URL | OKUYAMA #- [ 編集]


こんばんは^ ^

OKUYAMAさん、そうですね今まで見た目で判断されて来た分類がどんどん変わりつつあります。
以前、ニシキウズガイ科にあった多くの種は色んな科に別れています。
すべてを分子生物学に依存するのは少々問題があるかもしれませんが今まで当たり前のように思われて来たことが覆される驚きはとても新鮮に感じます。
【2014/06/11 21:29】 URL | Mozu #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/713-0f173623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム