オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
マルアラレタマキビ
日本及び周辺地域産軟体動物総目録では、マルアラレタマキビはタイワンタマキビの異名になっています。
日本近海産貝類図鑑では、spとして載せられており、私も別種ではないかと思っているので紹介します。
オゴクダでの産出は少なく、私自身はまだ2個体ですが、他の方が数個体採集されているのを見たことがあります。
殻表は、縦肋と螺肋が明瞭で、その間は顆粒状となり、一見して縦肋がよく目立ちます。
顆粒が白っぽい事もあって、全体に白く見える個体が多いです。

マルアラレタマキビ
Granulilittorina sp
タマキビガイ科 マルアラレタマキビ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 8.9㎜

マルアラレタマキビ(殻口)
Granulilittorina sp
タマキビガイ科 マルアラレタマキビ(殻口側)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 8.9㎜
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

タマキビ類は岸壁や岩肌にへばりついているのをよく見かけますが、基本生きているのは採らないのでじっくり見たことがなかったですね。大量にいてるし、いつでも採れるとおもっていたし...。専門に研究しているのを知ってよく見なくっちゃと思いましたが、後の祭りです。(今度いつ行けるねん!)
【2014/06/29 07:41】 URL | buubuu #- [ 編集]


buubuuさん、こんばんは。
タマキビの仲間は、たくさんいることもあって、案外見過ごされている種類です。
でも、始め出すと手に入らない種類もあって、面白い種群です。
こう言った普通にいる貝は、早いうちにやっておくべきですよ。
【2014/06/29 21:36】 URL | kudamaki #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/735-ff5d5d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム