オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ハナオトメ
この貝を採集したときに、帰って図鑑を調べると、Pusia aureolata Reeve 1844に当てはまると同定しました。
それで、この学名に当たるハナオトメと言う和名を付けていました。
ところが、日本近海産貝類図鑑が出てその貝には、Pusia pardalis Kuster 1840ホソミヨリオトメフデと言う和名が付けられていることに気付きました。
日本近海産貝類図鑑には、 aureolata はPusia unifasciale Lamarck 1811ハナオトメフデのシノニムとして載っています。
後にこの日本近海産貝類図鑑の正誤表が出てきたときには、この図鑑に載っているハナオトメフデはカバツジツクシと訂正されています。
少しややこしくなっていますが、ホソミヨリオトメフデと言う和名の出所も、この図鑑では(新称)となっていませんので、どこかで付けられているのだと思い探してみると、鳥羽水族館のギャラリーにありました。
断定はできませんが、この名前が採用されたのかもしれませんね。
そう考えると、納得できそうな感じですので、今はこの貝をPusia aureolata Reeve 1844ハナオトメとしています。
明るい茶色の色合いで、新鮮なものは黒っぽくなります。
規則正しく縦肋が出て、体層に白帯が現れます。
縦肋上の白帯は、肋間より濃い色となります。
それで、途切れたように見えています。
縫合付近や体層下部にも細い白帯が現れます。オゴクダでは少ない貝で、たまに見つかる程度です。ハナオトメ
Pusia aureolata Reeve 1844
ミノムシガイ科 ハナオトメ
串本町潮岬オゴクダ浜産 14.0㎜
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
(>
私も好きな仲間です。
まだまだ種類は出てきますから、楽しみにしてください。
へぇ~こんな貝も採れてるのかというものもありますよ。(^^)v
【2012/11/26 22:10】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

(>
ここらへん、けっこう好きなんです。ちいさいながらも個性があって、色の変化が可愛いし。“くち”の部分がちゃんとあるのが欲しいですよね、もちろんピカで。
会長の言ってる学名で出しましたから、おんなじだ~っ、と思いました。Ⅰ先生もよく説明してくれます。M氏も基本の本に合わせてるって言ってました。とっても参考になります
【2012/11/26 21:57】 URL | buubuu #79D/WHSg [ 編集]

ハナ....?
buubuuさん、こんばんは。
何時もコメントありがとうございます。
確かにこのあたりは混乱していますね。
ここに書くことも、私の考え方ですので、参考程度に考えてください。
Reeveさんの模式標本も見てませんし。
【2012/11/26 21:02】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

ハナ....?
昨日はハナワオトメフデに似たのがあったので、見てみると buubuu のはソメワケで、今日のハナオトメは近産の正誤表は写真がないので、(カバスジツクシと書いてありますが、どうやら図鑑の写真はカバスジツクシでもないようで、よくわからん!)グーグルで学名検索したが写真は1枚もでてこないし、ハナオトメで検索したら確かにこれに似たのが出てくる(世界の貝とかいうサイト)
Reeve さん の模式標本をみてみたいもんだ
【2012/11/26 08:42】 URL | buubuu #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/86-7987cd9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム