オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ソメワケオトメ
オゴクダでは、クロオトメと並んで多い貝です。
体層中央から縫合にかけては、薄青白い色合いで、水管にかけては黒っぽい色をしています。
体層中央の色の境目には、白線があり、縦肋上の部分が白い色が濃くなります。
まれに染め分けていない個体もあります。
水管状部付近にも細い白線が現れます。
形はひし形に近い形をしています。
生貝個体は、薄い殻皮をかぶっています。


Pusia cavea Reeve 1844
ミノムシガイ科 ソメワケオトメ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 14.3㎜〜19.2㎜



ミノムシガイ科 ソメワケオトメ
串本町潮岬オゴクダ浜産 生貝個体 15.5㎜〜18.3㎜
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
マルフトコロ
名前を覚えるのは、やはり何度となく図鑑を見ることですかね。
せっかく覚えていても、度忘れで出ないことがたまにある今日この頃です。
困ったもんです。(^_-)
【2012/11/28 22:50】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

マルフトコロ
オゴクダで最初に綺麗なのを見つけたとき、京都からお孫さんを連れて、ナシジを探していたご夫婦に自慢げに見せたら「ミカンレイシなんか珍しいの?」と言われて、とっさのことで「マルフトコロ」の名前がでず黙ってしまったことがあります。いまでは専用浜でも拾えますが(温暖化の影響?)自分の知識のなさに恥ずかしい思いをしました。
【2012/11/28 21:55】 URL | buubuu #79D/WHSg [ 編集]

Unknown
いくつ持っていても拾ってしまう貝ってありますね。
私はマルフトコロが好きです。
見つけると、よほど状態の悪いものでなければ拾いますね。
【2012/11/28 20:51】 URL | kudamaki #79D/WHSg [ 編集]

Unknown
でました、ソメワケ君! ハマオトメとならんで何故かちまちま拾ってしまう貝です。完品は一つも持っていませんが、ビニール袋にひょいひょいと入れてしまう貝。クチベニやハナワオトメのように綺麗なわけではないのですが、味があります。
【2012/11/28 07:56】 URL | buubuu #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ogokuda.blog.fc2.com/tb.php/90-321e8aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム