オゴクダの貝
潮岬にあるオゴクダ海岸で採れる貝を紹介します。
ムシロオトメフデ
アキオさんからの画像です。
潮岬の他の地区では拾っていた貝ですが、オゴクダではまだ未採集でした。
あまり個体数の多い貝ではなく、一度に拾うのは、1個か2個体程度しか記憶にありません。
ヒシオトメを長くしたような形をしています。
縦肋の間にも、細かな螺肋が出ます。
肩部では、角張ります。

ムシロオトメフデ
Mitropifex mutabile Reeve 1844
ミノムシガイ科 ムシロオトメフデ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 20.1㎜

ミノムシガイ科は、61種類となりました。


ヒメテツヤタテ
とうとうこの貝もと言う感想です。
潮岬では、他の所で採れていると聞いていましたが、オゴクダでも確認されました。
ビカリヤさんが最近採集されたそうです。
十分老成した個体で、確実に棲息しているようです。
これで、テツヤタテに次いで採集されたことになり、残るはミガキテツヤタテとなりました。
全体が茶褐色で、幼層の頃は縦肋がはっきり出ますが、体層では薄い成長肋と低い螺肋となります。
殻口の刻みが特徴的です。

himetetu.jpg
Zierliana woldemarii aethiops Reeve 1845
ミノムシガイ科 ヒメテツヤタテ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 22.0㎜

これでミノムシガイ科は、60種となりました。


スミレノミフデ
ビカリヤさんからの画像です。
他の方からも採れていると聞いていますので、私の知る限りでは2個体目となります。
名前の通りスミレ色?(赤紫?)をしていて、ノミフデ等とは違い前後に細く窄まる形をしています。
小さな貝なので、貝砂からでないと見つからない貝でしょう。


Thala exilis Reeve 1845
ミノムシガイ科 スミレノミフデ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 5.0㎜

ミノムシガイ科は、59種類となりました。
ゴトウツクシ
過去の採集物を確認していて、1個体出てきました。
通常は砂浜に打ち上がる貝で、オゴクダのように岩礁での採集は稀です。
偶然打ち上がったものかもしれません
体層に白く太い帯があり、その中央にごく細い茶色の線があります。
均等に縦肋が出て、肋間には螺肋があります。


Costellaria gotoensis E.A.Smith 1879
ミノムシガイ科 ゴトウツクシ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 12.3㎜

ミノムシガイ科は、1種増えて58種類となりました。
ノダオトメ
ビカリヤさんからの画像です。
ハレヤカオトメに似た配色をしていますが、体層に薄く細い網目のような模様が入ります。
やや深い所にいる貝だと思いますが、拡大画像では擦れてはいますが、その模様が見えています。


Vexillum multitriangula Salisbury & Callomon 1998
ミノムシガイ科 ノダオトメ
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 17.5㎜


ミノムシガイ科 ノダオトメ(拡大画像)
串本町潮岬オゴクダ浜産 打ち上げ個体 17.5㎜

これでミノムシガイ科は、57種類となりました。


ぷろふぃーる

kudamaki2014

Author:kudamaki2014
オゴクダをホームグランドに採集をしています。
オゴクダ貝類図鑑を目指していますので、ここに載っていない種類を採集された方は、ぜひ教えてください。



かうんた~



かれんだ~

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新記事



最新こめんと



かてごり



りんく

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



検索フォーム